シングルマザーの子連れ再婚・婚活成功のコツと下準備とは?

シングルマザーの子連れ再婚・婚活成功のコツと下準備とは?

バツイチで再婚を希望される方の中には、シングルマザーとして、子育てに奮闘されている女性もいらっしゃいます。
しかし、子連れ再婚となるとその難易度が高くなりますよね。再婚相手は最愛のお子さんとも『家族』になるのですから、慎重になるのも無理はありません。

この記事では、シングルマザーが再婚するために『婚活成功のコツ』と、再婚婚活に取り組む前の下準備をまとめてみました。

シングルマザーが再婚するには?婚活に挑戦する前の準備

シングルマザーの再婚を大きく左右するのが事前準備。この部分ができていれば、再婚への敷居がグッと低くなります。
まずは再婚を目指して『婚活』をはじめる前に考えておきたいポイントを解説しましょう。

その1:子供の理解と関係性を大切にする

再婚すると母と子だけの生活から一変。子供にとってもお父さんができることになります。再婚するうえでいちばん頭を悩ませるのが『子供との関係性』ではないでしょうか?

好きな人ができたとき、再婚したくなったとき。いつものお母さんとは違う一面も出てくるかもしれませんが、このこと自体、悪いことではないのです。
母親であっても、ひとりの女性であるのですから、恋をすることに対して罪悪感を抱く必要はありません。

ただ、お子さんの年齢や性格、精神状態によっては、母親の些細な変化がストレスに感じてしまう可能性も否定できないので、お子さんの状態に合わせて、理解を得たり、母と子の良好な関係性を築いたりすることも、再婚を成功させるためには欠かせないポイントなのです。

好きな人ができたり、婚活をはじめたりしたからと言って「早く新しいお父さんが欲しいよね!」などは言わないように。子供は大きな変化をストレスに感じてしまいますから、焦らず・ゆっくり、子供と一緒に『変わって』いきましょう。「◎◎ちゃんのことが大好きだよ」と言葉やスキンシップで愛情を表現することも忘れずに!

その2:両親・親族の協力と理解

再婚婚活をはじめたり、好きな人ができて再婚を意識したりするなら、やはり両親や親族の理解も得ておいた方が安心です。
どんな結婚においてもそうですが、誰からも歓迎される、祝福される『結婚』の方が、当人たちも嬉しいですよね。

その3:元夫との離婚で『後悔』した部分を『秘訣』にする

離婚歴があることに対して、罪悪感を抱きすぎる必要はありません。しかし、せっかく新しい人生に向けてスタートするのですから、過去の失敗を糧に、離婚した原因を振り返ることも大切です。

「元夫はギャンブルばかりでサイテーだった!」
「優しい人だったけれど、自分の意見が言えない人で……」

元夫との結婚生活を振り返ると、怒りや悲しみも込み上げてくるかもしれません。けれど、幸せになるためには失敗を成功の元にすべし!

欲張りになりすぎると、婚活が難航してしまいますが……(笑)これだけは絶対にイヤ!という条件を決めておくのも良いですよね。また、自分が改善できる部分があれば、そちらも改めましょう。

再婚への心構えはできていますか?
元夫を見返したい気持ちで動いていませんか?
離婚は想像以上のエネルギーを使います。
離婚原因から秘訣を得るだけでなく、今一度、ご自身の気持ちに向き合ってみてください。

参考記事:

シングルマザーの子連れ再婚を成功させるポイントは?

次にシングルマザーの子連れ再婚を成功させるためのポイントを紹介します。

秘訣1:お相手男性に元夫の悪口を言わない

お付き合いしている男性や、お見合い相手である男性に元夫の悪口を言いすぎていませんか?
離婚した理由や原因については軽く伝えるべきと思うのですが……

「あの人はこんなに最低で、ひどいことをされたんだ!」とすべての原因が『元夫』にあるかのように話してしまうと『悪口』になってしまいます。

100%元夫が原因だったとしても、男性の受け取り方によっては「人のせいにする人なんだな」「悪口が好きなんだな」と思われてしまうことも。逆の立場だったとしたら、パートナーの元妻の話はあまり聞きたくないですよね……。それと同じです。

元夫や離婚原因の話題となったときは「私にも原因があったんだけど……」くらいの語り口が無難です。(たとえ自分が悪いと思っていなくてもです//)

秘訣2:母である自分も、女性である自分も大切にする

お相手には、母である自分、女性である自分、どちらの姿も見てもらうべし。再婚が決まれば、子供と新しいパートナーと家族になります。彼氏としてお付き合いするだけであればまだしも、結婚までを想定しているなら、気取らず、あなたらしい姿を見てもらいましょう。

シングルマザーだからといって、女性である自分をおろそかにする必要はありません。バランスよく、自分のさまざまな『一面』を大切にしましょう!

秘訣3:離婚歴、子供のことを隠さない

離婚歴があること、子供がいることは、初対面の際に伝えておきましょう。

結婚相談所の婚活なら、お見合い申し込みの段階で、離婚と子供の有無を確認できますが、合コン、婚活パーティー、プライベートでの出会いとなると、打ち明けるタイミングがなく、男女の関係に発展することも……。

出会いの段階から、シングルマザーであることを打ち明けていた方が無難です。

実は結婚相談所では、女性の離婚歴や子供について意外と寛容な姿勢を見せる男性が多く、離婚歴がある人でもスピード成婚が決まるケースも珍しくはありません。

ありのままの自分で、背伸びしない婚活こそ、『幸せな再婚』への第一歩なのです。

秘訣4:直感と冷静さを大切にする

好きな人ができると、ついつい盲目になってしまう。逆に離婚歴があるからこそ、『次こそ絶対幸せになる!』と選り好みしすぎてしまうことも。

私は、直感的に『好き!』と思える気持ちも、冷静に見る気持ちも忘れてはいけないと思います。
この2つのケース、どちらがダメでどちらが良いというわけではありません。どちらも幸せな再婚をするためには必要な心もちだからです。

お相手男性のことが好きすぎて、何も考えられない!なら、少し冷静になって……。年収や職業、お相手の『条件』ばかり見てしまっているなら、少し直感を信じてみましょう。

秘訣5:離婚歴に罪悪感を抱きすぎない

「シングルマザーが再婚して幸せになれるのだろうか?」
「離婚歴があるから、もう恋愛なんてできない……」

離婚歴に対して罪悪感を抱きすぎていませんか?
たしかに離婚原因の中にあなたの改善点があるならば、そこは見直すべきです。

しかし、離婚している=異性としてダメな人となるのでしょうか?

誰だって離婚しようと思って結婚はしません。「この人と幸せになる!」と決意して、一緒になったはずです。けれど、お互いの価値観や生活スタイル、結婚後の変化……さまざまな要因で、残念な結果となってしまっただけ。離婚経験があっても、再婚後は何十年も結婚生活を送っているという人だっています。

離婚歴自体に罪悪感を抱きすぎてはいけません。その罪悪感から、ダメ男ばかりを寄せ付けてしまう……なんて話もよく耳にします。シングルマザーでも、幸せになる権利はあるのですから!

まとめ

シングルマザーでも、子どもがいても、誰にでも平等に幸せになる権利はあります。

しかし、単独で再婚するより、最愛のお子さんとともに新しいスタートを切る子連れ再婚は、お子さんの年齢・精神状態を配慮しながら進めていく必要がありますよね。

再婚で幸せになりたい!それなら、どんなときでも、急がず、焦らずが重要です。

お相手の気持ち・ご自身の気持ち・お子さんの気持ちを踏まえながら、素敵なパートナーと幸せな生活を目指してくださいね。

シングルマザーカテゴリの最新記事