バツイチ・シングルマザーが恋愛・再婚できない3つの理由と解決法

バツイチ・シングルマザーが恋愛・再婚できない3つの理由と解決法

バツイチのシングルマザーの多くは「もう一度幸せになりたい」と思いながらも、恋愛や再婚を躊躇してしまいますよね。

この記事では、シングルマザーが恋愛・再婚に躊躇する理由と解消法をご紹介したいと思います。
バツイチ・シングルマザーだからと言って、今後の人生をあきらめる必要はありません。
これまで以上に幸せになったっていいんです。

再婚を躊躇しているシンママさんは、この記事を読んでぜひ新たな一歩を踏み出してください。

シングルマザーが恋愛・再婚に踏み切れない3つの理由とその解決策

一口にシングルマザーといえど、お子さんの年齢や職業など生活を取り巻く環境はそれぞれです。

再婚に前向きになれない理由だってさまざまでしょう。しかし多くのシンママさんに共通するのがこちらの理由ではないでしょうか?

・失敗や離婚が怖い
・子供とパートナーが打ち解けられるか心配
・そもそも出会いがない

「良きパートナーといえる男性に出会えたら、再婚したいな…」と思っていても、自発的に行動できない……。その原因は上記3つの理由が関係しているかもしれません。

まずはシンママさんの恋愛・再婚に踏み切れない3つの理由を知って、ひとつひとつ解決していきませんか?

1.失敗・離婚が怖い→失敗をバネにお互いをよく知り尊重すること

離婚の原因は千差万別。

・性格の不一致
・浮気
・DV、モラハラ
・借金癖
・義実家とのトラブル

などなど、多かれ少なかれ女性は傷を負っています。

結婚するときはトントン拍子に話が進むのに、離婚は多くの苦痛が伴いましたよね。手続きも大変ですし、話し合いは心も体も削られます……。

その苦しい経験があったから、素晴らしい出会いに恵まれ恋愛関係になったとしても、再婚には踏み出せませんし、そもそも恋人を作れない、という人も多いでしょう。

離婚の労力、負った傷を考えれば当たり前ですが、そこから踏み出せなければ、あなたの人生は止まったままです。

もちろん、「もうパートナーはいらない、1人で生きたい」というのであればそれでもよいです。しかしここにたどり着いたあなたは、少なからず「再婚」したいと考えているはず。だったら、「失敗」に対する恐怖は克服しなければなりません。

「また離婚することになったら」と怖くなるのは当然ですが、あなたは一度離婚を乗り越えているから、その解決策はすでに身につけています。

まずは、離婚した原因を振り返ってみましょう!

離婚原因によっては、あなたの努力だけではどうにもならないこともあるでしょう。
特に浮気とDVは、相手次第です。

しかし、性格の不一致はあなたの努力と事前のお付き合いである程度予防できるはず。

1度目の結婚で、男性全体の傾向や、自分の苦手な部分、あなたにとって必要なこと、は把握できています。
だから、舞い上がることなく冷静に相手の性格や行動を観察してみてください。
少しでも、違和感を覚えたら足を止めて考え直しましょう。

完璧な相手はいませんが、あなたが「許せないこと」を平気でする相手とは一緒になってもうまくいきません。
そして、相手のことを知った上で「尊重」してあげてください。

相手の発言、行動を否定せずに「聞くこと」、「見守ること」を心がけましょう。再婚してからもそれを心がけていれば、もう一度失敗するリスクは大きく低下します。

2.子供とパートナーが打ち解けれるか心配→しっかりと時間を取ること

子持ちのシンママが再婚するとき、一番ネックになるのが「子供問題」です。

「母親の彼氏」による子供の虐待問題が、新聞やテレビを騒がせることもあります。
そんな大問題にならなくても、再婚したら日常生活の中で些細なトラブルが発生することが想定できますよね。

だから子連れシンママは再婚に踏み切れず、幸せを手放してしまうことが少なくありません。
この不安を解消するために必要なのは、「子供とあなたを受け入れてくれる人をえらぶこと」と、「子供とパートナーの時間をたっぷりともうけること」です。

一番大切なのは、あなただけではなく、子供もふくめた「あなた」を受け入れてくれる人と出会うことです。

子供をおざなりにしてしまう相手とは、残念ながら遅かれ少なかれ破局してしまいます。
「そんな人と出会う場所なんてないよ」という方は後ほど「シングルマザーの出会い」についてお話ししますので、そちらをじっくり読んでくださいね。

とにかく「子供とあなたはセット」ということを念頭に入れておきましょう。セットというと「もう再婚なんてしない方が……」と思われるかもしれませんが、母親であり、女性である『あなた』のバランスが保てる関係性も必ず築けます。

そして、そんな相手と出会えればあとは時間が解決してくれます。

子供が就学前であれば、新しい恋人と遊ぶ時間をしっかりと確保することで「新しい恋人から新しい父親」にスムーズに移行できます。

できれば毎週、恋人と子供達が遊ぶ時間を作ってください。

小学生以上の子供の場合、父親になるには時間がかかりますが「あなたたちのことを大切に思ってくれている人」ということを、きちんと話してあげましょう。

そして、子供に負担がかからないように配慮しながら共に過ごす時間を作ります。

男性は、あなたとの時間が子供に奪われてしまうと不満に思うかもしれませんが、それを不満に思う相手とは縁がなかったと思ってください。

3.出会いがない→シングルマザーの出会いは「作ること」ができる

最後は「出会いがない」という根本的な悩みです。
出会いがないから再婚を躊躇してしまう方は非常に多いです。

シングルマザーは、子連れというだけで恋愛に制約があるので独身時代よりも多くの出会いが必要です。

普通の「職場」や「紹介」、「合コン」などの限られた出会いでは、子供とあなたの両方を受け入れてくれる相手と出会うのは難しいもの。

そもそも、職場や身の回りでは、フリーの人は限られますしその中からあなたのことを好きになり、子供も含めて人生を共にしたい、と考える人はさらにレアです。

そこで、活用すべきなのは「結婚相談所」。

結婚相談所には、多くの結婚したい人が登録しています。その中には「子連れシングルマザー」を希望する人も、離婚歴を気にしない人も少なからず存在します。
だから、圧倒的に「選択肢」が多いのです。

3人の男性から選ぶよりも100人の男性から選んだ方が、よりあなたや子供との相性が良い相手、好きになれる相手が見つかるはずです。

今はネットで結婚相談所に登録できますし、スマホアプリを使ったマッチングも可能。忙しいシングルマザーでも無理なく婚活ができます。

婚活サイトや結婚相談所と聞くと抵抗があるかもしれませんが、バツなし独身者でもマッチングアプリを普段使いする時代です。
再婚するために出会いを求めている方は、登録してみるとよいですよ。

バツイチさんが結婚相談所を使うメリットはこちらの記事で紹介しています!

参考記事:バツイチ婚活で幸せな再婚を目指すなら、結婚相談所がおすすめな3つの理由

シンママさんは『父親』探しをしてはいけない

子供とあなたをセットで受け入れてくれるお相手と一緒になることが、幸せな再婚の秘訣であるとお伝えしましたが、父親探しをしてはいけません。

子供を大切にしてくれる人は、シンママさんの再婚で必須条件となるものの、出会いの瞬間から『父親』という観点から男性を選んでいると、愛情の部分で繋がれない可能性があるからです。

子供を大切にしてくれることは大前提ですが、『収入がいい人の方が安定しそう』『大手企業の人がいい』と、稼いできてくれる『都合のいい人』を探すのが婚活ではありません。

女性であるあなた、母親であるあなた。どちらも受け入れてくれ、家族としても恋人としても過ごせる人を見つけてくださいね。

離婚を乗り越え、新しい恋をスタートさせる準備はできていますか?

精神的にも肉体的にも消耗する部分が多い離婚。離婚したばかりだと、新しい生活に四苦八苦していて、再婚や恋愛を考える暇がないと思います。

けれど、もし、少しでも「新しいパートナーができたら面白そう」と思えたのなら、離婚の傷を乗り越え、新しい自分をスタートさせるチャンスです!

まずは離婚の『傷』がいえているのか?

新しい恋をはじめられるメンタルになっているのか?

今一度、自分に問いかけてみてください。

参考記事:シングルマザーの子連れ再婚・婚活成功のコツと下準備とは?

まとめ

バツイチシングルマザーにとって、再婚への道のりは心理的にも物理的にも険しいものと思われがちです。

けど、少しずつ心と物理的なハードルを取り除くことで、必ずもう一度素敵な恋人と幸せな家庭を築くことができます。

あなたが経験したことは、次の結婚に生かされますし、失敗を防止することができるからです。

そのために大切なのは「多くの男性の中から選ぶこと」。
バツイチシングルマザーは、未婚女性よりも選ばれる確率は低くなるのは事実なので、結婚相談所やマッチングサイトなどを上手に活用して、あなたと子供を受け入れてくれる素敵な恋人と出会ってください。

重要なのは、まずは一歩を踏み出すこと、そして限られた出会いではなく「多くの出会いのチャンス」をゲットすることです。
あなたの人生は、終わっているわけでも止まったわけでもありません。
ここからが、新しい人生のスタートなので前向きに歩き出してくださいね。

シングルマザーカテゴリの最新記事