30代バツイチ女性が再婚婚活をはじめる前に準備したい8項

30代バツイチ女性が再婚婚活をはじめる前に準備したい8項

バツイチ再婚を希望する人が多い30代。 新しくパートナーを見つけて再婚することは決して難しくはありません。
けれど 「本当に再婚できるのか心配」「また人を好きになれる気がしない」など、将来に不安を感じている方もいるでしょう。

今の時代、再婚を考えるタイミングとして30代はまだまだ若いと言えます。諦める必要はありません。

ここでは30代の皆さんが再婚のための婚活を始める前にいくつか準備しておきたいポイント、やめた方がいいポイントについて、経験者の口コミなどを交えながら説明していきます。

バツイチ30代女性が再婚や婚活に踏み切る前の下準備とは?

再婚に向けて、新しい出会いや婚活に踏み切る前に準備してほしいこと。
それは、今のあなたが本当に再婚できる状態であるか確認することです。

離婚は結婚よりもエネルギーを使います。
誰だって、離婚しようと思って結婚するわけではありません。

「この人と一緒に幸せになろう」と決意したのに、離れ離れになってしまう離婚。
怒りや悲しみ、さまざまな気持ちをめぐらせたはずです。

精神的にも体力的にも、再婚を意識できる状態でしょうか?
まだ、過去の配偶者に情や怒りが残っていませんか?

もちろん、完全に忘れる必要はありませんが、元夫を見返すために再婚を望んでいるなら危険信号です。

では、再婚・婚活に向けてバツイチ30代が準備できることを具体的に解説しましょう。

その1.離婚の悲しみを癒し、メンタルを整える

誰でも離婚をすれば精神的に大きなダメージを受けるもの。
再婚したいと思っても不安定なメンタルのままではあなたに合った相手を見つけることはできません。

まずは自分を癒し、メンタルを整えるのが最優先。精神的に立ち直るには最低でも半年から一年くらい時間がかかると考えておきましょう。

「自分はもう大丈夫!」と思っていても、心や体は自覚症状がないまま疲れを感じている可能性があります。

20代と比べて、出会いの数が少なくなると言われる30代。
さらにご自身に離婚歴があると、「早くパートナーを見つけないと……」と焦る気持ちもあるでしょう。

しかし、実は30代は人間的な魅力が溢れる年代です。
メンタルをしっかり回復させることで、本来の自分のまま素晴らしいパートナーに出会えるはずなのです。

その2.元パートナーのSNS・行動をチェックしない

別れた相手の動向が気になってSNSをチェックするというのはよくあるパターン。
とくに、今まで夫婦として一緒に生活してきた相手ですから、気になるのも無理はありません。
しかし、SNSを見ることで相手の行動に振り回されてしまう恐れがあるので、できる限り見ないようにしましょう。

その3.結婚期間で『できなかった』、『やりたかったこと』に挑戦する

離婚から自分を癒すというと「具体的に何をすればいいんだ!?」と戸惑ってしまいますよね。

私がおすすめしているのは、「結婚していたころ、やりたかったけどできなかったこと」にトライしてみることです。

趣味や旅行、学校に通う、仕事をするなど、夫婦として結婚生活をしていた頃、我慢してきたことがあればこの機会にやってみましょう!

離婚して、バツイチ・独身となると……なんだか周りの目が気になったり、哀れられているんじゃ……?と思ったりするかもしれません。結婚生活もいいけれど、ひとりで過ごす時間も究極の『幸せ』です。

やったことのないことにチャレンジすれば視野が広がりますし、前向きな気持ちになれるはず。

男女問わず、新しい出会いも広がります。

ここで、バツイチ36歳女性が再婚に至るまでの体験談を紹介しましょう。

「結婚する前から束縛がひどく、私が語学留学したいと言っても許してくれなかった元ダンナ。にもかかわらず彼の浮気が原因で離婚することに。男の言う通りにするなんてバカバカしいことと思い、短期留学を決行しました。

海外留学って学期ごとに新しい生徒が日本から来るため、2ヶ月スパンぐらいでどんどん新しい出会いがあるんです。とても新鮮でした。意外に自分では働いたお金を貯めてきているという30代の男性も多く、そのうちの1人と1年付き合った後、再婚しました。私は都内在住、彼は長野県在住なので、日本にいたら出会っていなかったと思います」36歳女性

その4.焦って出会いを探さない

離婚後すぐ、焦って出会いを探す人がいます。どんなに憎たらしい気持ちで離婚に至ったとしても、清々しさの反面、離婚した事実に安堵して、どこか寂しさを覚えることもあります。

けれど、離婚後すぐ、焦って出会いを探す必要はないのです。

あなたが離婚したばかりと知っていて近づいてくる人のなかには、弱っている相手に付け込んで、よからぬ目的を持っている人がいるのも事実。

肩の力を抜いて出会いを探せるようになるまで、のんびり過ごそうと思うようにしてみてはいかがでしょうか?

「離婚して半年程度で新しい彼ができました。結婚前から私のことを好きだと言ってくれていた友人だったので安心していたのですが、女癖が悪い人だったみたい。セフレ扱いされて、 数か月で自然消滅。彼は10年来の友人で、私が離婚に傷ついていたことも知っていたのにセフレ扱いしたこと、また友人としての彼を失ったことで人間不信になってしまいました。結婚前に彼を選ばなかった私の勘はやはり正しかったんですね(笑)。寂しさに負けて焦るのはよくないと実感しました。」(33歳女性)

その5.自分磨きに力を入れてみよう!

離婚に至るまで〜離婚直後、自分のことに力を入れる余裕がなくなりがち。

女性であれば、美容やファッションが疎かになっていた……いう方もいるかもしれません。

もともと、ファッションや美容に関心がない人も、離婚を機に心機一転してみては?
センスがいいなと思うお友達に頼んでファッションやヘアスタイルなどのアドバイスをしてもらいましょう。買い物に一緒に来てもらうのもおすすめです。

その6.無理に自分を変えようとするのはNG!自信を取り戻そう

結婚に失敗したという考えにとらわれすぎて、自信を失っていませんか?

「あの時ああしていれば」「私のせいだ」と思いだすことも、あるかもしれませんが自分を無理に変えようとするのはやめましょう。

婚活中、男性から選ばれる女になろうとして、表面的なテクニックを伝授するサイトに書かれている通りに行動する人もよく見かけますが、あなたにも相手を選ぶ権利があるということを忘れないようにしましょう。

恋愛のセオリーはどんな人にでも当てはまるわけではありません。

そもそも、なぜあなた自身をステレオタイプに合わせた女性像に変えなければならないのでしょうか?

素の自分を認めてもらうことができなければ、一緒に生活していてもいつか息苦しくなる日がくるはずです。

離婚の辛さによって学んだことや深く傷ついた人だけが持つ優しさなど、今のあなたにはあなたにしかない魅力があるはずです。自分が大切にされるべき存在だということを理解して、そのままのあなたを認めてくれる相手を探しましょう!

「離婚後はとにかく『新しい出会いを探さなくちゃ』と思って、無理に好きでもない趣味のサークルに出かけたり、習い事をしたりしていました。でも、こんな風に意識高い系女性を装って無理をした自分を好きになってもらったら、またうまくいかなくなる日が来るかもしれないということに気がついたのです。

それを教えてくれたのは5つ年上で同じバツイチの男友達。 『素の自分で付き合えなければどうせ続かないよね』という彼の意見に共感を覚え、お互い本音でいろいろと話しているうちにお付き合いすることに。来年、再婚する予定です」39歳女性

その7.夢中になれる仕事を探す

専業主婦だった方はすでに仕事を見つけて働きはじめている方も多いでしょう。まだ、という方は是非、仕事を探してみてください。 キャリアアップが目的ではないので、自分のできることから始めればOKです。

仕事は生活を支える上で欠かせない収入源となるほか、ネガティブな気持ちからひとときでも離れることができる、あなた自身を輝かせるという精神的なメリットをもたらします。

実際に30代でスムーズに再婚した方の多くは生き生きと仕事していたところ、新しいパートナーに見初められたという人が多いのです。離婚をした不幸な女性を演じていても何もいいことはありませんよ!

「33歳で離婚。それまでずっと専業主婦で働いたことがなかったのですが、パートから始めた仕事で評価されて、契約社員、正社員となりました。仕事が自己肯定感を高めてくれたせいか、モテるように。いま3歳と年下の彼とお付き合いしています」39歳女性

その8.両親の理解を得る

離婚後、それほど期間を空けずに出会いを探し始めると、両親から「離婚したばかりなのに何を考えているの?」と非難されることがあるかもしれません。

私たちの親世代は、まだまだ離婚や再婚にネガティブな感情を抱きがち。

実家に帰ってお世話になっているのに遊び歩いているような印象をもたれると、さらに親に心配をかけることになってしまいます。

これ以上、親に心配をかけないためにも「一生添い遂げられるような相手を探すために真剣な気持ちで婚活していく」ということを伝えて安心させてあげましょう。

離婚の悲しみから自分を取り戻したら出会いを探すアクションを!

メンタルが落ち着き、自分への自信を取り戻したら少しずつ出会いを探す活動をスタートさせましょう。 最近はマッチングアプリなどネットで出会いが探せるようになりましたが、ネット上で探す出会いは、実際に会ってみるまでどんな人かまったく分からないという不安があります。ちょっと怖いですよね。

30代の再婚には、相手の身元がはっきりしていて、初めに実際に会ってお話しするタイプの婚活がいいでしょう。結婚相談所もそのひとつです。

離婚する人が増え続けている今、結婚相談所の雰囲気も大きく変わってきています。「出会いがない、さえない人しか登録していない」というのは時代遅れの考え。仲人タイプのおばちゃんが、条件を妥協するようにお説教してくる……というのも、昔の話です。

今は、再婚を希望する人の気持ちに寄り添いながら、あなたの長所を見つけ出してぴったりの相手を見つけるサポートをしてくれる結婚相談所もたくさんあります。普段の生活や職場でなかなか出会いがないという人は結婚相談所に登録してみてもいいかもしれませんよ。

「離婚のショックから立ち直って2年。女性ばかりの職場でバリバリ働いているので毎日充実してはいるものの、出会いが全くありませんでした。自信を失いかけていましたが、結婚相談所に登録してみたら何人か男性を紹介してもらうことができたんです。まだ、交際はスタートしていないのですが、自分のことを気に入ってくれる人が何人も出てくると自信がわいてきて、ポジティブな気分に。それだけでも登録した価値はあったなと思っています」34歳女性

まとめ

婚活市場において30代バツイチの女性はまだまだニーズが高いと言えます。ここに書かれていることを実行していけば、少しずつ前向きな気持ちになって自分を取り戻せるでしょう。

そうなれば後は出会いの数を増やしていくだけ。普段の生活で出会いがなければ、結婚相談所などを利用してもいいでしょう。 傷ついたぶんあなたは幸せになれるはずです。自信を持って婚活に取り組んでみてくださいね。

30代の再婚カテゴリの最新記事