子連れ再婚でシンママ・シンパパが『恋人・再婚相手』として選んではいけない人の特徴

子連れ再婚でシンママ・シンパパが『恋人・再婚相手』として選んではいけない人の特徴

シングルマザー・シングルファザーとして、ひとりで子育てに励んでいるバツイチさんも、ご縁があれば再婚したいと思っているはず。

シンママ・シンパパさんだって、母親・父親であり、女性であり男性ですから、新しい恋愛をはじめるのは悪いことではありません。けれど、いつも脳裏に過ぎるのが子供たちのこと。恋人や再婚相手となるパートナーと子供の関係も重視したいですよね。

この記事では子連れ再婚・恋愛においてパートナーとしてふさわしくない人の特徴を紹介します。
ここで紹介する特徴に当てはまるのならば……ちょっと待って!

もしかすると、パートナーとしておすすめできないダメンズ・ダメ女かもしれません。

シンママ・シンパパが恋人・再婚相手に選んではいけない人の特徴

ではシンママ・シンパパさんが恋人・再婚相手に選んではいけない人の特徴を紹介しましょう。

恋は盲目なんて言います。好きになって間もない頃、相手のいい部分にばかり目がいってしまうのは誰でも同じこと。しかし、やはり片親で子育てに励むパパさん、ママさんとなると、恋人と子どもの関係も見過ごせませんよね……。

特徴1.子育てや結婚生活に対して幻想を抱いている人

きっと、離婚経験のある方はわかると思うのですが……

結婚って自分が思い描いている理想と異なる部分が多いんですよね。

好き同士で結婚して、子どもができて、家族として生活していると、家族生活・結婚生活のシビアな部分を体験します。やり場のない怒りに襲われたり、金銭的面や子育ての悩みを抱えたり……。

しかし、再婚を検討している相手が子育てや結婚生活に幻想を抱いている場合、注意が必要です。もしかすると、子連れ再婚に向いていないお相手かもしれません。

もちろんお互い離婚経験があり、子育て経験もあるとなると話は別です。

しかし、お相手が未婚である場合、子育てはこうあるべき・夫婦生活はこうあるべき。と過度な理想像を抱いている可能性も高いです。

理想を抱くこと自体、悪いことではありません。

けれどその理想を達成できなかったときや、子育ての壁にぶち当たってしまったときを想像してみてください。あなたのパートナーは結婚生活・子育ての『苦』の部分も想定できているでしょうか?

メリットだけでなく、デメリットも現実的に受け止められる相手の方がおすすめです。

特徴2.価値観・金銭感覚・教育方針があっていない

離婚原因としてよくあげられるのが、価値観や金銭感覚の違いです。お付き合いしているときは、お互いの家があり、お互いのペースの中で過ごせるので、意外と気がつきにくいのですが、365日・24時間していると、徐々にすれ違いが生まれることも……。

100%完璧な人間はいませんから、少しのすれ違いや価値観の違いがあってもいいんです。しかしの違いがあなたにとって、お相手にとって許せるものでしょうか?

過去の結婚生活、離婚に至った原因と照らし合わせながら、お相手と自分、そして子どもを含めた生活を想像してみましょう。

特徴3.子どもをまったく叱らない

子連れ再婚となると、やはり気になるのが、パートナーと子どもの相性です。結婚すると同時に、父親・母親になるのですから、子どもと仲良しな方が安心ですよね。

お付き合いが長くなってくると、パートナーと子どもの関わり合いも増えてくるでしょう。

最初は子どもを注意したり、叱る姿を見る機会はないと思いますが(遠慮しているのでね……)
そこそこ慣れてきて、信頼関係が築けているはずなのに、100%天使すぎる姿しか見せないパートナーも少し危険信号です。

子どもの教育という視点だけでなく、何か隠されている顔がないかなと怪しいですよね……。

この点はゆくゆくでいいのですが、血の繋がりがない結婚相手の子どもを、実の子のように接してくれているかどうかも再婚するうえで重要なポイント。

子連れ再婚は虐待のリスクもあり。再婚相手より子どもを守ることを考えよう。

離婚・子連れ再婚も珍しくない現代。子連れ再婚でも幸せになれる親子・夫婦はたくさんいます。

しかし、子連れ再婚したあと、継母・継父となった再婚相手から虐待を受けている子どもがいることも事実。たびたびニュースでも痛ましい虐待事例を目にしますよね……。

再婚したものの、相手と性格・価値観が合わず、結婚生活を続けるのが難しくなり、離婚に至る人もいます。それ自体、悪いことではありません。

しかし、再婚・離婚に伴い、少なからず子どもは傷を抱えてしまいます。

また、どんなに素晴らしく、素敵な再婚相手であっても、子どもが虐待を受けていないか?自分が把握している関係性以外で怪しい部分はないか、細心の注意を払わなければいけません。

まとめ

子連れ再婚で幸せな家庭を築くためには、男女2人の関係性だけでなく子どもやお相手の家族との関係性も配慮する必要があります。

そしてまずは子どもの精神面がいちばん大切です。

焦らず、ゆっくり、再婚への道を歩みましょう。

関連記事:【子連れ再婚】婚姻に伴う子どもの戸籍手続きとは?シングルマザー・ファザーが知っておきたい再婚のコト

子連れ再婚カテゴリの最新記事