子連れ再婚の後悔・失敗とは?シンママ・シンパパ必見な幸せの秘訣!

子連れ再婚の後悔・失敗とは?シンママ・シンパパ必見な幸せの秘訣!

子連れで再婚を考えた時、一番の悩みのタネになるのが、子供の存在です。

子供はかわいいですし、生きがいなのは間違いないのですが……いざ再婚を考えると子供と自分たちの将来にとって「結婚」という形がベストなのかどうかと深く悩んでしまう方が少なくありません。

そこで、子持ち再婚経験者の後悔を語りながら、成功するためのポイントをお届けしたいと思います。ここでは、子連れのパートナーと結婚した方、また自身が子連れで再婚した方の目線から、それぞれのポイントをまとめました。

子連れ再婚に踏み出せない方、子連れ再婚をしたいと考えている方は必読です。

子連れ再婚の後悔と成功するためのポイント【共通編】

子連れ再婚

まずは、どんな状況にも当てはまる後悔と成功するための心構えをご紹介します。

誰でも後悔すること→「子供は意外と懐かない」

子連れ再婚をして、多くの人が「失敗だったかも」と思うのは、子供が懐かないことです。

2歳以下の小さな子供の場合は、実の父親や母親の記憶がほとんどなく、新しいパパやママにスムーズに溶け込むことができます。

しかし、3歳以上の子供の場合は実親の記憶が色濃く残っているため、新パパ新ママになかなか馴染むことができません。

たくさん遊んで、心を開いているように見えても、心の奥底では「他人」と認識していて実親と比べてしまいます。

それが、言動に現れると、ステップマザー、ステップファーザーは動揺してしまい、夫婦の仲に亀裂が入ることも。とくに多感な思春期のお子さんを連れて再婚する場合は、正式に入籍する前に家族の関係を作っておきたいですよね。

参考記事:【子連れ再婚】シンママさんが知っておきたい『ステップファミリー』とは?

子連れ再婚を成功させる子供と新パパ新ママの関係の構築方法

3歳以上で実親の記憶が残っており恋しがっている子供を連れて再婚する場合は、実親の記憶や恋しがる言動を無理やり封じ込めないことが大切です。

どうしても、新しいパートナーを大切にしてほしい、新しいパートナーを親と思ってほしいと考えて、子供にもそれを求めてしまいますが、子供にとっては酷な話。

これまで優しくしてくれていた実親のことを忘れるように仕向けても、忘れることはできませんし、むしろあなたへの反発を強めてしまいます。

だから、子連れ再婚の場合は、新パパ・ママに懐くように無理強いせずに一緒に過ごす時間を十分とって「子供が自分から好き」と思える環境を整えてあげましょう。

夕ご飯を作っている間は、新パパやママが遊んであげる、休日も新パパ・ママが主体となってレジャーに行く、など楽しい経験を共有してください。

新しいお母さん・お父さんの「呼び方」も工夫してみよう

実親のことを「お父さん」と呼んでいたら新パパは「パパ」という風に呼び方を変えて、「本当のお父さんはずっとあなたのお父さんだよ」と伝えてあげてください。

パパ呼びに抵抗があるなら、名前呼びやお兄ちゃんなどでも構いません。筆者の友人も母子家庭で育ち、中学生の頃に母親が再婚したのですが、新しいお父さんになった男性のことをあだ名で呼んでいました。友人もその男性も、子供と親という関係には見えなかったのですがとても仲良くしている姿を見て、こういう家族の形もありなんだなと思いました。新しいお父さん・お母さんの『呼び方』に執着するよりも、2人の関係性にフォーカスをあてましょう!

「35歳のとき、シングルマザーだったパートナーと結婚しました。当時の子供の年齢は10歳。5歳のときに離婚したとのことなので、実父の記憶もありますよね。妻は息子に私がお父さんであり、お父さんと呼ぶように言っていたそうですが、僕自身あまり気にしなかったので、にーちゃんって呼んでもらっています(笑)家族になって3年経ちますが、思春期の片鱗を見せる息子と仲良くやっていけていますよ。呼び方にこだわらなくてもいいかなと思います。(38歳/男性)

子連れ再婚の後悔と成功するためのポイント【相手が子連れ編】

まずは、自分は独り身で相手に子供がいる場合の後悔しがちなことと、成功するためのポイントをご紹介します。

子育て経験がない場合は、子供に対する認識の差や子育て経験の差が後悔ポイントになることが少なくありません。

相手が子連れの場合の後悔→「育児は意外と大変」

相手が子連れで自分に子供がいないカップルの場合、多くの方が直面するのが「子育ての辛さ」です。

子育て経験がないと、子供にかかる手間やお金、子供のずる賢さや寝かしつけの面倒さ、などわからないことがたくさん。

たまに遊ぶ程度はでは可愛かった子供たちも、一緒に暮らすとなると「厄介なこと」がたくさんあります。

もちろん子供は可愛いのですが、それだけではスルーできない面倒なお世話や苦労がてんこもりなのです。

小学生に上がっても一人で入眠できない子もいますし、歯磨きは毎回仕上げ磨き、などなど何をやるにしても「大人の手」が必要です。

だから、子連れで再婚していきなりパパやママになった方はそこに戸惑い後悔することが多いのです。
子供の面倒にかかりっきりで夫婦の時間がほとんどとれず「こんなはずではなかった……」とがっくりしてしまうことも。

子育てをしたことがなかったので、自分のイメージばかりでした。たとえば小学生だからお風呂に入れるとか。でも、子供もそれぞれ成長スピードがありますね。子供が小学生のとき、妻と結婚したのですが、意外と妻にべったりでビックリした記憶があります。私自身が母に甘えるタイプじゃなかったので、小学生でも甘えん坊さんは甘えん坊さんなんだなって。カワイイですけどね。(37歳/男性)

相手が子連れ婚を成功するために必要なのは「子供の生態を知ること」

あなたが、子育て未経験の場合、子供にどれだけ手間と時間とお金がかかるかわかりませんよね。
実は子供ってお金もさることながら、本当に手間と時間がかかります。寝かしつけもご飯も身支度も大人の数倍時間がかかると思ってよいでしょう。

だから、相手が子連れの場合はまず「子供がいるライフスタイル」に慣れるように週末のお泊まりを繰り返してみてください。

そして、子供がいる生活がずっと続くことを覚悟しましょう。

生活環境によっては、お泊まりが難しい場合があると思います。

そんな時は、週末の日中に一緒に過ごす時間を長くとってみてください。

それから、各種掲示板やSNSで育児情報をのぞいてみましょう。

現役のパパママによる愚痴や知恵などが多数書き込まれていて、子育ての大変さ、親としての覚悟が垣間見えると思います。

大人も子供もそれぞれ性格があり、価値観があり、個性があります。育ってきた環境も違いますから『こうあるべき』という形にハメてお話することはできませんが、あなたのお子さんにとって最適なペースを見つけられるようにしましょう。

子連れ再婚の後悔と成功させるためのポイント【お互い子持ち編】

このケースはかなりレアなのかもしれませんが、離婚率が上昇している現代において、お互い子連れで再婚した家族も増えてくるのではないでしょうか?

お互い子供がいる場合、親同士だけではなく子供同士の相性も絡まり、状況は複雑になりますよね……。

お互い子連れの場合の後悔→「子供同士の相性が悪い」&「子育て方針の衝突」

子連れ再婚で後悔してしまうのは、子供同士の相性の悪さと、両家の子育て方針の差です。

まず、子供同士ですが、親の年齢が近い場合は子供同士も年齢が近いことが多く、嫉妬も重なって喧嘩が絶えず、家庭内が殺伐とすることも少なくありません。

親もどちらの肩をもってよいのかわからず、右往左往したり心が削られたりと、心が休まりません。

さらに、夫婦関係を拗らせてしまうのが子育て方針の違いです。

実親同士の夫婦でも、子育て方針が異なり衝突して喧嘩をしてしまいますが、子連れ再婚の場合、お互いに踏め込めなかったり、無駄に防衛してしまったりして、余計にこじれてしまいます。

お互い子連れ再婚を成功させる方法→「事前にしっかり時間を取ること&ルールを決めておくこと」

子連れ再婚を成功させるための1つめのコツは、子供同士が仲良くなるための時間を十分とることです。

子供は環境適応能力が高いので、ある程度時間をとって仲良くなれば新しい兄弟姉妹とも仲良くなれます。時間をとって、相性を見極めることで「これは仲良くなれないな」と判断した場合は、無理に仲良くさせようとせずに、程よい距離感を保ってあげましょう。

次に、子育て方針の違いによる衝突を避けるためのポイントは、「とことん話し合ってルールを決めること」です。

夫婦がうまくいく秘訣の1つが「価値観の共有」。お互いの価値観を知っておくことで、尊重できるようになります。

だから、子育て方針・教育方針はとことん話し合って、その結果を書き出しておいてください。そして新家族の新ルールを決めて張り出しておきましょう。

大人も子供も、新家族になるためには「歩み寄りと努力」が必要です。そのための目標とも言える「ルール」を張り出しておくことで、自然と家族になるための歩み寄りと努力ができるようになります。

まとめ

子連れ再婚には高いハードルがあると思われがちです。
確かに、赤の他人が同じ屋根の下で暮らすのですから、それなりに大変なこともありますし苦労もします。
だから、それを理解した上で再婚に踏み切ってください。
子連れ再婚生活は努力なくしては、成功しませんが、ちょっと努力をする、ちょっと工夫をするだけで新しい家族は構築できます。
子供がいるから再婚を諦める時代は終わりました。
子連れで離婚をしたからといって、これからずっと一人でいる必要はありませんので、「前向きに」努力して、新しい家族を作りましょう。

子連れ再婚カテゴリの最新記事