収入のために子連れ再婚をしたいと考えているアナタへ

収入のために子連れ再婚をしたいと考えているアナタへ

「そろそろ再婚をしたい」と考えているシンママさん、シンパパさんもいるでしょう。

個人的には子連れ再婚もしあわせの形のひとつだと思っています。

しかし、「収入面が厳しいから……」といった理由で再婚に踏み切るのは危険です。

なぜなら、どんなに愛し合って、お互いを受け入れあったとしても子連れ再婚の場合、子供と継父・継母の関係性が良好である保証はどこにもないから。

この記事では、シンママ、シンパパさんが、どうして収入(お金)目的で再婚してはいけないのか?という点について解説しましょう。

子連れ再婚の理由がお金目的になっていませんか?

たしかに、大人ひとりで子育てをするのは大変です。実際に夫婦二人三脚で子育てをしている家庭でも、子育てならではの忙しさに頭を抱えています。

しかし、片親となったとき、子育てや家事、そして家族を養っていく役割すべてがママ、またはパパに降りかかってきますよね。

そんなシンママ、シンパパさんの大きな悩みとして『収入やお金のこと』もあるでしょう。

「今の収入では、進学が難しいかもしれない」「万が一、病気や怪我をして働けなくなったらどうしよう」

2人で子供を育てるより、女手、男手ひとつで子育てしている方にとってこの不安は2倍になります。

だからこそ、再婚することによって「今より経済的に安定した生活が送れるのじゃないか!?」と思うのも、ごくごく自然なこと。

しかし、収入目的だけで子連れ再婚を志すのは危険です。

なぜなら、どんなに愛し合っている男女でも、子連れ再婚によって悲惨な結末を招く恐れがあるからです。

愛し合っていても、子連れ再婚に潜むリスクはゼロでない

近年、虐待やドメスティックバイオレンス、モラハラといった家庭内での事件が世間を騒がせています。

その事件を見てみると、実の母親、実の父親から被害を受けていたというケース以外に、「再婚相手が子供に暴力をふるった」「再婚相手である夫から、精神的に追い詰められていた」という例も増えているのです。

たしかに、離婚する夫婦が増える一方で、ステップファミリー(離婚経験のある人が、子供を連れて同居、再婚する家族のこと)も増加傾向にあります。その傍で義理の父親、母親。または同居中である実親のパートナーから、子供が虐待を受ける事件が多発しています。

「どうして妻の連れ子を虐待したのか?」

虐待を加えた大人たちは、身勝手な理由を口にします。

  • 子供が言うことを聞いてくれなかった
  • 自分に懐かなかったから
  • しつけのつもりでやっていた
  • 子育てをするのにお金がかかる
  • 泣き止まなかったから

ステップファミリー以外でも、子供への虐待件数は年々増加傾向にありますが、ステップファミリーに限って、その虐待理由をみてみると「イメージしていた子育てとギャップがあった」とも取れるような内容が多いです。

私は虐待をした大人を擁護するつもりはありません。

しかし、結婚と同時に親となった大人は、最初から虐待をするつもりで結婚したのでしょうか?決して、そうではないはずです。

これが何を意味するかというと、どんなに愛し合っていても、妻(または夫)の連れ子を我が子同然に愛せるとは限らないということ。

これがお金目的で再婚した場合、さらに危険なリスクも増えると考えていいでしょう。

お金目的で子連れ再婚をするより、自律する方が早い

シンママさんもシンパパさんも、あなたを愛してくれ、そして子供を我が子同然に愛情をもって接してくれるお相手はいるはず。しかし、そんな最高のパートナーと出会える確率は高いとはいえません。

また、愛があっても子連れ再婚によって悲劇が起きる可能性もあるのですから、お金目的で再婚しようと考えない方がいいのです。

お互いが愛し合い、子供とも良好な関係を築け、さらに経済面も安定している……こういう異性が世の中に何人いるのでしょうか?意地悪でいっているわけではありません。誰だって「申し分のないパートナーと出会う確率」は奇跡に近いのですから。

となると、シンママ、シンパパさんが経済面への不安を解消するためには、再婚より自律する方が早いのです。

働く時間を増やすことが、経済的安定に繋がるわけではない

「子育てが忙しいのに、今より働く時間を増やすなんて……」
「体が弱くてなかなか働けないし……」
「頑張っても借金が終わらなくちゃ、貯金ができないし」

きっと、片親で子育てに奮闘している人の中には、大きな問題を抱えていらっしゃる方もいるでしょう。

しかし、働く時間を増やすことが、必ずしも経済的な安定に繋がるわけではありません。

一生懸命勤務時間を増やして働いたとしても、体を壊してしまったり、お子さんとの時間が減ってしまったりすると「なんのために頑張っていたんだろう……」と感じてしまいますよね。

だから、重要となるのが工夫です。

たとえば、健康面で不安があり、思うように働きに出られないのであれば、国の自立支援や援助について調べてみてください。生活保護制度では必要最低限の生活を維持できるお金を支援してもらえます。

就職やキャリアップのために資格が必要なのであれば、職業訓練校で学ぶことができます。

もしも借金が多く手が回らないのであれば、任意整理等で負担を軽減することも可能です。

まずは、あなたにとって最大の問題点をなるべく小さくしましょう。

そして、ある程度生活が落ち着いてきたら、副業や副収入でお金を増やすのもおすすめです。

最近では在宅ワークでライター、ブロガー、アンケートモニターをして稼いでいる人も増えています。
中にはライブ配信をやってみたり、フリマアプリで稼いでいる人もいますよね。

これなら、家にいながら副収入を増やすことができます。アルバイトとは異なるので、自分のペースで調整できるのも魅力のひとつです。

まとめ.子連れ再婚でしあわせになるための考え方

この記事を読んで「やっぱり子連れ再婚は危険があるのか……」と感じた方もいらっしゃるでしょう。

たしかに私は「子連れ再婚をする」という言葉に対して、全面的に肯定できるとはいえません。なぜなら、再婚相手となる人や、お子さんの精神状態がどういうものかわからないからです。

しかし、子連れ再婚がかならず不幸な結果を招くとも思っていません。
シンパパ、シンママだから恋愛をしないべき!とも思っていません。

子供にとってお父さん、お母さんであっても、あなたはあなた。ひとりの男性、女性なのですから、恋したい気持ちがあるのもごくごく自然なこと。

だからこそ、子連れ再婚を考えるときは、そういったリスクを踏まえたうえで、どうすれば幸せな関係を築けるのかしっかり向き合ってほしいのです。

結婚は男女2人でするものですが、そこにお子さんがいらっしゃる場合、お子さんの気持ちも見過ごすことはできません。

また、お子さんと再婚相手が家族になるための下準備も必要なのです。

ただの恋人関係であるなら、お子さんにその事実を伝えるか伝えないかは個人の考え方次第ですが、
結婚を前提としてお付き合いしていたり、お子さんと恋人がお会いする機会が多かったりするのであれば、大人だけでなくお子さんの意志も踏まえながら交際しましょう。

【子連れ再婚】子供目線で考える『いい再婚相手』の条件とは?

子連れ再婚カテゴリの最新記事