【男性の本音】バツイチ子持ち女性(シングルマザー)は恋愛対象になる?

【男性の本音】バツイチ子持ち女性(シングルマザー)は恋愛対象になる?

「子供を連れて離婚したシングルマザーは生活を守るだけで精一杯。自分のことは後回し!」という時代は終わりました。

大離婚時代が到来している日本でも、シングルマザーは珍しいものではありませんよね。現在のシングルマザーたちは若さと美貌を維持しながら、新しい恋愛のチャンスを狙っています。

離婚を経験したから、子供がいるからといって、女性であることや、素敵なパートナーとの人生を諦めなくてもいいんです。また、離婚したからこそ、次の恋愛では相手を思いやり大切にしながらより良い関係が築けるはずです。

でも、肝心の男性の本音ってどうなんでしょうか。バツイチシングルマザーって、恋愛対象としてみられるものなのでしょうか?
今回は、「バツイチ子持ち女性が恋愛対象になるのかどうか」男性の本音を探っていきたいと思います。

すべての男性の本音→相手の女性によるので結論は出せない

最初に、元も子もないことを言うようですが、「バツイチシングルマザーだから恋愛対象にはならない」とバッサリと切り捨てる男性はそれほど多くありません。

シングルマザーと一括りにできないほど、シングルマザーの境遇は多種多様です。

0歳児を抱えたシングルマザーもいれば、子供が独立しているというシングルマザーもいます。実家がある程度助けてくれていて、自分の時間が確保できるシングルマザー、孤立無援で頑張るシングルマザー、などシングルマザーの数だけ、彼女たちの置かれている状況は異なりますね。だから、「シングルマザーだから無理」と考える男性は多くありません。

むしろ、それぞれのママたちの性格や状況によって、恋愛対象となったりならなかったりするもの。もっと言えば、「好きになった相手がシングルマザーだった」というケースも珍しくありません。

だから、「シングルマザーだから恋愛対象にならないのでは」と引け目を感じることなく、人間として魅力的であることを意識してください。

恋愛対象として見られるために、生活感を出しすぎず、疲れたお母さん的な雰囲気を身にまといすぎないようにしましょう。

これだけでは物足りないので「シングルマザーが恋愛対象になる男性とならない男性」をご紹介しますね。

「シングルマザーがNGと思っている相手にアプローチして時間を無駄にしたくない」と考えている方は、ぜひ読み進めてください。

参考記事:バツあり子持ち女性を受け入れてくれる男性はどんなタイプ?シングルマザーの恋愛事情

シングルマザーが恋愛対象になる男性とならない男性の見分け方

すべての男性が結論を出せるわけではない、この恋愛事情。では、次こそは素晴らしいパートナーを望むシンママさんは、自分といいパートナーになる男性をどのように見分ければいいのでしょうか?

参考までに、シングルマザーが恋愛対象となる男性の見分け方をご紹介しましょう!

恋愛を楽しみたいだけの男性→恋愛対象にならない

シングルマザーを恋愛対象としてみられないと考える男性の多くは『恋愛を楽しみたい』だけ。だって、子供がいるとどうしても2人でいる時間が削られてしまいますし、キャピキャピデートをする時間も少ないでしょう。

仕事をしているシングルマザーの場合、平日は仕事と家事と育児に追われて、ディナーデートをする暇はありませんよね。かといって週末は子供たちとの時間が必要なので、デートも子連れになりがち。

実家に頼れるのであれば、たまには親に見てもらいながら子供抜きでのデートもできますが、毎週というわけにはいきませんよね。会いたい時に会えないのは、恋愛体質な男性にとっては物足りないものです。

結婚歴のない若い男性との恋愛したい場合は、2人の時間をなるべくとれるように環境を整えてみましょう。実家や友人知人に子守をお願いしたり、シッターさんにお願いしたりして、2人の時間が確保してみるとよいですよ。

バツイチ男性の本音→シンママも恋愛対象になる

では、同じバツイチという身の男性にとって、バツイチ子持ち女性は恋愛対象になるのか、というと「かなりあり」です。

離婚という辛い経験を共有できますし、お互いの状況を理解しやすいので、独身女性よりも恋愛対象として見やすいもの。

バツイチ同士なので「バツイチだから」と引け目を感じることなく、対等に付き合えるのも、バツイチ男性がバツイチシングルマザーを好む理由の1つです。

傷を舐め合う関係というよりも、お互いを思いやられるので恋愛関係が長続きしやすく、心地よい時間を共有できます。
相手も子供がいる場合は、お互いの子供を一緒に育てられる「育児パートナー」としてもシングルマザーは最適です。
お互いに、シングル子育ての苦労がわかっている分、苦労と喜びを分かち合いながら、ストレスを抱えることなく子育てを楽しめるでしょう。
だから、気になる男性がバツイチの場合は大チャンスだと思って積極的にアプローチしてみるとよいですよ。

アラフォー未婚男性の本音→恋愛対象になる

晩婚化が進んでいるとはいえ、今でも30歳を超えると「結婚はまだか」と家族や親戚に責められることが増えてきます。

昔ほど口うるさくいわれないにしても、結婚していなければ一人前と認められないというお硬い会社も少なからず存在します。

そんな崖っぷちに立たされている男性にとっては、バツイチ子持ち女性は恋愛対象ど真ん中。経験豊富で、優しさを持ち合わせているバツイチ女性は、彼らにとって非常に心地よいものです。

それに、子供がいることをプラスと考える男性も少なくありません。

30歳を超えている男性は、「この歳で赤ちゃんを産んだら、子供が大学に入学するときに僕は定年している……」という将来の不安を抱えることが少なくありません。

ところが、シングルマザーと結婚すれば、すでに子供がいるわけなので、その不安が少し解消されますよね。子供を望めない男性にとっても、シングルマザーは貴重な存在となります。

まとめ

多くの男性にとって、子持ちシングルマザーは恋愛対象になり得ます。ただし、本人が「恋愛したいモード」なっていることが重要。

シングルマザーだけど恋愛したいと考えている方は、セルフケアを含めて恋愛モードをオンにしてくださいね。

それでも、シングルマザーが恋愛対象外となる男性もわずかながら存在するので、「この人は私のことは眼中になさそう」と思ったら執着せずにさっさと次のお相手を探すと良いですよ。

シングルマザーは常に時間に追われているので、不毛な恋愛に貴重な時間を費やすことはありません。効率よく、「シングルマザーがオッケー」と考えるパートナーを探したければ、結婚相談所などに登録して「シングルマザーと結婚したい」と考える男性の中から、あなたが気にいる人を選んでみましょう。
「私はシングルマザーだから……」と引け目を感じることなく、自然体のあなたを受け入れてくれるパートナーが見つかるはずです。

シングルマザーカテゴリの最新記事