【子連れ再婚】シンママさんが知っておきたい『ステップファミリー』とは?

【子連れ再婚】シンママさんが知っておきたい『ステップファミリー』とは?

アメリカなどでは当たり前のように聞かれる言葉、『ステップファミリー』。

日本ではまだそこまで認知度は高くありませんが、『ステップファミリー』とはいわゆる子連れ再婚をして出来た家族のことを表している言葉です。

その『ステップファミリー』には女性が子供を連れて再婚する場合と、パートナーに連れ子がいる場合の2パターンがありますが、どちらにしてもあまり公では語られないことだけに「どんな感じになるのか全く想像がつかない」という方もきっと多いはず。

この記事では、主に女性側から見た『ステップファミリー』のあり方、そして新しい家族を築き幸せになるための「コツ」についてお話ししましょう。

日本で多いのは、女性が子連れ・男性が初婚というパターン

上記でお話ししたように『ステップファミリー』には、女性が元夫との間に生まれた子供を連れて再婚するパターン、そしてパートナーが前妻との間にできた子供を連れて再婚する2つのパターンがあります。

どちらもあり得るパターンですが、日本の場合は、圧倒的に女性が子連れの再婚、それに加えて男性が初婚のパターンが多いといわれています。

パートナーに結婚歴があったり前妻との間に子供がいる場合は、血のつながらない子供であっても、子供との接し方や子育てについてを理解することはそう難しくはないはず。

でも男性が初婚の場合には、「夫になる」「父になる」という2つの役割を同時に担っていくことになるため、しっかりとその点についても話し合っておく必要があります。

また女性が子連れ・男性が初婚の場合には、男性側の両親の反応も気になるところです。もちろん理解が得られればそれにこしたことはないのですが、もし苦戦している場合には、心配されがちな再婚であることや子連れであることだけではなく、あなたの人となりをしっかりアピールしていくことも忘れずに!

『ステップファミリー』で起きやすい問題とは?子供やパートナーはどう感じている?

母であるあなたを挟んで新しく築いていく、血のつながらない親子関係も含んだ『ステップファミリー』。

その『ステップファミリー』で起きやすい問題にはどのようなことがあるのでしょうか?そして、子供やパートナーはどんな思いを抱いているのでしょうか?

【ステップファミリー】子供の気持ちとは?

元夫と子供との現在の関係や、子供の年齢にもよりますが、両親が離婚しても子供にとっての本当の父親は世界にただ一人。

表面上は新しいパートナーと仲良くやっているように見えても、誰にも言えない心の葛藤を抱えていることも十分あり得ます。たとえば、子供が赤ちゃんのときに離婚していて、面会等もしていないなら、子供が抱く『父親』のイメージがほとんどないかもしれませんが……。そうでない限り、少なからずモヤモヤを抱えているかも。

それはどうしてかというと、子供にとって母であるあなたの再婚はとても喜ばしいものであることはわかってはいても、再婚によって元の家族に戻れなくなってしまったことにも何となくは気づいているからです。

あなたとしては「離婚して新しい家庭を築いたのだから元夫の話はNG!」としたいところですが、そこは子供の気持ちを尊重しながら、タイミングを見て話を聞いてあげる心遣いも必要になってきます。

妻側から見る元夫のイメージと、子供側からみる父である元夫のイメージには、温度差が生じるケースが十分にあるからです。

【ステップファミリー】パートナーの気持ちとは?

子供がいることも理解したうえであなたと結婚したパートナー。

愛するあなたの子供だからこそ大切に育てたい、そうは思っていても、血が通っていない親子関係をどう築いていったらよいか、迷ってしまうことも多いかもしれません。

でもその悩みを子供の母親であるあなたに相談することができずに、さらに悩みを深めてしまっている可能性もあります。

そのような状況を防いで幸せな『ステップファミリー』を築いていくために、さりげなく、パートナーと子供との橋渡し役になることも心がけるようにしてみてくださいね。

『ステップファミリー』で起きやすい問題とは?

再婚て新たにできた『ステップファミリー』には、初婚家庭では見られない問題が生じる場合があります。それはパートナーとの間の子供を持ちたいと考えているとき、そして血の繋がらない親子関係を構築しようと努力しているときに起きやすい傾向にあります。

パートナーとの間に子供が出来ると、連れ子との扱いに差が出てきてしまうことも

パートナーとの間に新たな命を授かると、『ステップファミリー』の絆がより深まり、連れ子には兄弟姉妹が増えるという大きなメリットがあります。

でも一方で気になるのは、パートナーが実子と連れ子の扱いに知らず知らずのうちに差をつけたりしないか、ということですよね。

また、連れ子であるあなたの子供の心の中にも、言葉には出せない不安があるはずです。

そのような悩みをできるだけ最小限に抑えるためには、新しい家族が増える前に、し現在の『ステップファミリー』の絆を強固なものにしていく必要があります。

その具体的な方法はそれぞれ異なるのですが……

たとえば、家族全員が本音を口にできる関係を築けているかどうかという部分もひとつのチェックポイントです。

もちろん、思ったことを何でも口に出してしまう関係がよい家族関係・親子関係とは言い切れませんが、お互いの本心がわからない状況では、目指すべき『ステップファミリー』にはほど遠いかもしれません。本当の親子ではないけれど、何でも話せる、相談できる、そんな信頼関係を育てていくことがとても大切ですよ。

自分自身もパートナーも理想を目指しすぎると、お互いに失望してしまうこともある

「幸せな『ステップファミリー』を築こう!」という気持ちを、あなたとパートナーが持ち続けることはとても大切なことです。

でもその気持ちがあまりに大きすぎると、時に空回りしてお互いを疲弊させてしまうことも考えられます。

幸せな『ステップファミリー』を築くためには、完璧な家族ではなく、「血が繋がっていなくても何でも話せて信頼できるチームのような家族関係を作っていくこと」を、まず第一に考えるようにしましょう。

子供の年齢・環境・性格によって、幸せなステップファミリーの築き方は異なります。一番重要視すべき部分は、お子さんのペースに合わせて、気持ちに寄り添った段階を踏むこと。思いやる気持ちも大切ですし、『この子のために……!』と強く願うことも悪くはありません。

しかし、お子さんの立場に置き換えて考えてみることで、最善策が見えてくるはずです。

まとめ

2017年度の日本の離婚率は、婚姻件数およそ61万件に対して離婚数21万件となっており、3組のうち1組は離婚しているというデータがあります。

そして離婚している夫婦が一番多い年齢層は30~35歳というデータもあるんですよ。

30~35歳といえば、女性はまだまだ妊娠出産が可能な年齢であり、男性も体力気力ともに充実している年齢ですよね。

そのことから考えてみると、日本で『ステップファミリー』が増えていくのは時間の問題といえるかもしれません。

幸せな『ステップファミリー』を築いていくためには、初婚の時とは違う努力も出てきます。でもそれによって望まない婚姻関係を続けることなく、新たな人生を踏み出すことができる、ともいえるのではないでしょうか?

この先もしかしたら、欧米並みに男性も女性も子供を連れての再婚が当たり前になる、そんな社会もそう遠くないのかも!?

シングルマザーカテゴリの最新記事