再婚希望のバツイチさんが婚活アプリで成功するコツ

再婚希望のバツイチさんが婚活アプリで成功するコツ

結婚した夫婦のうち、3組に1組は離婚しているといわれる昨今。

芸能ニュースを見ていても、日々結婚に離婚、再婚のスクープにあふれ、バツイチの男女なんてごく当たり前になりつつありますよね。

「もう結婚なんてこりごり!」という方もいれば、「再婚して幸せになりたい」と願う方もいらっしゃることでしょう。

しかし、やはり初婚と違い再婚となると、ちょっとハードルが高いのでは?という気持ちから、なかなか一歩を踏み出せない方も多いようです。

そこで今回はバツイチさんが再婚するための、婚活アプリの活用術をご紹介!

登録時のポイントから、おすすめの婚活アプリまで、一挙公開します。

結婚の酸いも甘いも知ったからこそ、リベンジしたい…そんな方はぜひチェックしてみてくださいね。

必勝ポイント!バツイチさん向きの婚活アプリを使おう

「婚活アプリって、再婚を目指している人も使えるの?」そんな不安を抱いているバツイチさんも安心してください。最近では、バツイチさん向けの婚活アプリも続々とリリースされています。

離婚歴の有無に関わらず、婚活で成功するポイントは『戦うフィールド選び』にかかっているんです。結婚相談所にしても、婚活パーティーにしても、それぞれ特徴がありますよね。

再婚を目指している方は、離婚歴があってもハンデとならないフィールドで婚活することをおすすめします!

では、さっそくバツイチさんにおすすめの婚活アプリを3つご紹介します。各アプリのおすすめポイントを挙げていくので、ぜひチェックしてくださいね。

バツイチさんにおすすめの婚活アプリ1.マリッシュ

バツイチさんやシングルマザー、シングルファザーの再婚を応援することを、公式サイトでもうたっているマリッシュ。まさに再婚希望者にはもってこいの婚活アプリです。

登録している会員を見てみても、実際に再婚希望を明記した方がたくさんいらっしゃいます。30~50代の方まで、幅広い年齢層の会員がいらっしゃるため、運命の相手が見つかる可能性が高くなっています。

こちらの記事ではマリッシュの特徴や、どうしてバツイチさんにおすすめなのかをまとめているので、ぜひチェックしてみてください!

参考記事:検索 マリッシュ 婚活アプリ『マリッシュ』はバツイチさんの再婚にピッタリ?特徴・メリット・デメリットを比較!

バツイチさんにおすすめの婚活アプリ2.ユーブライド

株式会社ミクシィのグループ会社が提供する婚活アプリ、ユーブライドは、1999年にサービスを開始した老舗婚活アプリのひとつ。大手企業が運営しているということで、安心感も強いのではないでしょうか?

公式サイトによると、会員の4人に1人は再婚希望者であるというデータも。

「婚活アプリに写真を掲載するのは抵抗がある…」という方にも安心なアバター設定機能があり、写真を掲載せず、あなたの雰囲気を知ってもらえる工夫がなされています。

バツイチさんにおすすめの婚活アプリ3.ペアーズ

ペアーズの強みは、なんといっても会員数が多いこと。

2018年8月に公開されたデータによれば、累計会員数は800万人にものぼるのだとか!

ペアーズにはコミュニティという機能があり、似た価値観を持つ会員同士で集まれる仕組みがあります。再婚希望やバツイチさんに関わるコミュニティに参加すれば、出会いのチャンスもぐっと高まりそうですね。

バツイチさんが婚活アプリに登録するときはここに注意!

いざ婚活アプリをインストールしてみると、さまざまな入力項目が出てきます。

あまりにも事細かに自分のことを入力する必要があると、ちょっと面倒くささも感じてしまいそうですよね。

しかし、ここで手を抜いてしまうとせっかくの出会いのチャンスを逃してしまうことも!
可能なかぎりすべての項目を入力し、プロフィール入力率100%を目指しましょう。

注意点1.バツイチであることを隠さない

婚活アプリには、結婚歴を記入するアプリも多く存在します。

バツイチであることに引け目を感じていると、ついついこの項目を入力せずスキップしたり、「独身」を選んでしまったりすることもあるのではないでしょうか。

独身であることに間違いはないのですが、ここは正直に「離婚歴あり」を選びましょう。

現代は離婚歴も当たり前になったといっても、世間にはまだまだ「結婚するなら初婚の人がいい」と希望する方もいらっしゃいます。

もしそういう方といい雰囲気になったとして、いざデートへ…と進んだ段階でバツイチを告白することになっては、関係に亀裂が入ってしまうことも避けられない事態です。

また、離婚歴があることを隠している時点で、「離婚の原因はこの人にあるのでは?」といった、マイナス印象を与えてしまう可能性も。ここは正直に、再婚希望のバツイチさんであることを記入しておきましょう。

注意点2.子どもの有無も重要

結婚歴と同様に、子どもの有無についてもしっかり記入しておきましょう。

婚活アプリによっては、シングルマザー・シングルファザー向けの「同居の子どもあり」という項目のほか、「別居の子どもあり」を選べるものも存在します。

「別居ならわざわざ言わなくてもいいのでは?」と考えてしまいがちですが、やはり一度別の誰かと結婚し、その相手との間に子どもがいるという事実は隠すべきではないもの。

将来的にやむを得ない事情から、その子どもと会わなければならない事態が起こる可能性だってゼロではありません。あらゆる可能性を想定した上で、ここも素直に、真実を記入しておきましょう。

再婚を希望するなら隠し事はNG!婚活アプリは素直に使おう

婚活アプリで素敵な相手と出会えたら、メッセージなどで仲を深めていくことになります。

このとき、あなたのことは包み隠さず相手に知ってもらいましょう。後ろめたいこともあるかもしれませんが、黙っていてあとからバレるほうがずっと大変です。

続いては、バツイチさんが婚活アプリで出会った異性に隠してしまいがちなことをご紹介します。交流が深まり、お付き合いする段階で話し合っていた方がいい部分です。

【お金の問題】養育費や慰謝料の有無

たとえば前の配偶者に慰謝料や生活費を、子どもには養育費を払っているといったお金の問題は、なるべく早く話しておくべきです。

残念ながら、お金に関わる問題は男女が揉める原因のNo.1といってもいいもの。
とくに再婚を考えているのであれば、お金に関することはうやむやにしないほうがよいでしょう。

慰謝料や生活費、養育費を払っている場合はその金額がいくらで、どれくらいで支払いを完了できるのかといった具体的な話ができれば、相手も安心できるかもしれません。このとき、間違っても嘘はつかないようにしましょうね。

【離婚理由】再婚に向けての気持ちについて話す

こちらもデリケートな話題にはなりますが、なぜ前の配偶者と離婚したかという理由は、しっかり話しておきましょう。

異性問題やお金の問題、性格の不一致などさまざまな原因があるとは思いますが、特に自分に非がないという場合は、必ず話しておくべきです。
仮に自分に非があった場合も、いまは反省しているという姿勢で、いま目の前にいる相手と真剣に向き合いましょう。

話さないでおくと、「この人に問題があったのでは…」と詮索されてしまう可能性もあるため、要注意です。

まとめ

再婚したいと頭では思っていながらも、バツイチであることに引け目を感じているとなかなか行動に移せないもの。しかし、動かなければなにも始まりませんよね。

バツイチだろうが子どもがいようが、この世の中にはまだ見ぬ異性が星の数ほど存在しています。その中には、あなた自身の魅力に気付いてそばにいてくれる方がきっといるはず。

なんにせよ大切なのは、一歩踏み出すこと。婚活アプリを上手に活用して、素敵な出会いを掴んでくださいね!

再婚におすすめな婚活アプリカテゴリの最新記事