『安い価格』だけで結婚相談所を選んではいけない3つの理由

『安い価格』だけで結婚相談所を選んではいけない3つの理由

「本気で婚活をしたい。でも出会いがない」こんな悩みを持ったとき、誰もが一度は考えるのが結婚相談所への登録。

とりあえず登録してみようと思って調べてみても、結婚相談所の数が多すぎて何を基準に選んだらいいのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。

マッチングアプリを使って最低限の費用で出会いが見つけられる今、結婚相談所に高額の費用を支払うのが抵抗がある人も多いかもしれません。できれば安い費用で結婚相談所を利用したいと思いますよね……。

しかし、低価格の結婚相談所のなかにはサービスの質が劣るところがあるのも事実です。

ここでは価格の安さだけで結婚相談所を選ばない方がいい理由についてわかりやすく説明していきます。

そもそも結婚相談所ではどれくらいのお金がかかるの?

結婚相談所で再婚

結婚相談所、費用の相場は年間約30万円と言われています。決して安くはない金額ですよね。

結婚相談所を利用するのに必要な料金は登録料のほか、入会金、月会費、お見合い料などのほか結婚が決まったときの成婚料などを支払う必要があります。

まずは結婚相談所で婚活するための費用相場を知っておきましょう!

ここでは、結婚相談所の規模・料金例をいくつかご紹介します。

地域密着型の小規模結婚相談所の料金例

・入会金 50,000円
・登録料 50,000円
・月会費 10,000円
・お見合料 10,000円
・成婚料  250,000円
1年間利用し、お見合いを5回行った場合 270,000円

地方では、大手企業が運営している結婚相談所より、個人経営の小さな結婚相談所が多い傾向にあります。

誰もが知っているような大規模結婚相談所の料金例

・入会金 30,000円
・活動初期費用 76,000円
・月会費 13,000円
1年間利用した場合 262,000円

こうして金額だけを見てみると小規模の結婚相談所も大手もそれほど変わらないのではと思いますよね。では、どんな点に注目して結婚相談所を選べばいいのでしょうか…?

筆者から確実にいえるのは、値段だけで選ばないことです。

『安い価格』だけで結婚相談所を選んではいけない3つの理由

結婚相談所

では、どうして安い価格であるというだけで結婚相談所を選んではいけないのでしょうか?その理由を3つ、ピックアップしてみました。

参考記事:【バツイチ婚活】再婚向けプランがある結婚相談所5選!特徴を比較

理由①成婚料を取らない結婚相談所は入会後、ほったらかし?

あくまで一例なのですが、上記の料金例を見てみると、成婚料が桁違いに高いということが分かります。

成婚料を取らない結婚相談所を利用すれば、婚活費用を大幅に抑えることができるということですが、デメリットもあります。

成婚料を取らないところは、カウンセラーからの紹介を待つのではなく、自発的に動くことが前提。では、こうした結婚相談所はなぜ、成婚料を取らないのはなぜでしょうか?

ネットで登録情報を検索するなどしてカウンセラーを通さず、個人で連絡を取り合うようになって退会し、成婚したとしても相談所側がそれを把握するのは困難です。そのため、月会費や情報利用料などのランニングコストで利益をあげるようにできているのです。

言ってみれば、登録さえしてもらえれば一定の利益が上がるということ。アフターフォローに力を入れる必要がないと考えることもできます。実際にネット上の活動が中心の価格の安い大手結婚相談所に登録したけれど、半年活動して紹介は数名、実際に会ったのはゼロだったという声も。

成婚料がかからない分、安かったけれどまったく出会いを見つけられなかったというのでは意味がありませんよね。

また、こうした結婚相談所はネットを利用して相手を探すというスタイルであるため店舗に出向く必要がなく、カウンセラーと直接会う機会がないというところがほとんど。小規模の結婚相談所と違って面倒見のいいカウンセラーには巡り合う可能性は少ないと言えるでしょう。

ただし、成婚料がかからない=サービスの質が悪いというわけではありません。成婚料が発生しない大手の結婚相談所は利用しやすい分、登録者の数が圧倒的に多いというメリットがあります。

成婚料が高い結婚相談所は面倒見がいい?

小さな結婚相談所や大手でも成婚率が高い結婚相談所は成婚料をとるところがほとんどです。表示されている金額は登録者一人当たりの料金ですから、成婚料が25万円であれば2人分となり、結婚相談所は50万円の利益を上げることができるのです。

成婚で50万円の利益が入るとなれば、カウンセラーも親身になって相談に乗ってくれますし、紹介やお見合いのあっせんに力を入れてくれるでしょう。

内向的な方やこまめに登録者の情報を検索して自分に合う人を探す時間がないという方は、高くてもまめに面倒を見てくれるカウンセラーがいる結婚相談所を選ぶことをおすすめします。

理由②安いところはレベルの高い登録者が少ない

小規模の結婚相談所のなかには、入会金、月会費ともに安く成婚料が15万円程度と全体的な費用が安いところもあります。「規模も大きくないし、成婚料を取るから熱心に紹介してもらえるかも?」と考えたいところですが、全体的な費用が安い結婚相談所は誰でも登録できるというデメリットも。

実際、「安いところにはそれなりの登録者しかいない」と考え、高収入の男性や大手企業に勤めるハイスペックな男性、若い女性は費用が高くてもサービスが充実していて名の知れた結婚相談所を選ぶ傾向にあるようです。

また、規模が小さく安い結婚相談所の中には独身証明や収入証明、学歴証明書といった書類の提出を義務としていないところもあるようです。最悪の場合、既婚者が登録していたり、公表されていた年収がウソだったり…というケースもゼロではないでしょう。

このような小規模の結婚相談所では個人情報が厳重に管理されていないという可能性が否定できません。昔ながらの世話好き仲人タイプの経営者の結婚相談所などは、アットホームな雰囲気で価格が抑えられている反面、こうしたコンプライアンス管理が正しく行われていないケースもありますので、事前に情報管理に対する意識が高いかどうか確認するようにしましょう。

理由③サブサービスが充実していない

安い結婚相談所は紹介以外のサービスが少なめです。

出会いの数さえ提供してくれればいいという方はそれでもOKですが、自分に自信がないという方や婚活を成功させるためにあらゆる努力をしたい、この機会に自分を高めたいという方は料金が高くても、サブサービスが充実している結婚相談所を選んだほうがいいでしょう。

例えば、婚活をする上で出会い探しと並行して進めたい自分磨き。 費用が高い結婚相談所はカウンセラーによる活動サポートの他に、オンライン講座やセミナーなどのサービスが充実しています。

オンラインで24時間受講できる講座や、デートマナー、ファッションセンス、コミュニケーションの取り方、パーティーでの成功術など参加型のセミナーが充実しているところも。普段から仕事が忙しく、休日はどんな服を着たらいいのかわからない男性やファッションセンスに自信がない女性にとっては力強い味方になってくれるのではないでしょうか。

また、婚活が成功するかどうかを左右すると言われているプロフィール写真の撮影サービスを用意しているところもあります。セットやヘアメイク料金が込みで個人でスタジオを利用するより安く、お得なことも多いようです。

まとめ

ここでは価格の安い結婚相談所のデメリットを中心に紹介してきましたが、安い結婚相談所=質が悪いとは限りません。小規模な結婚相談所でも良心的なサービスを提供しているところもあります。

また、婚活が初めてで日頃の出会いと並行して結婚相談所を利用したい、お試し感覚でどんなものなのか経験してみたいという人は、まずは安い所に登録しておくという手もありです。

反面、自発的に行動する時間がない人や、より本気で結婚したい方や、厳選された相手を求めているという人などは、費用が高くてもサービスが充実した結婚相談所を選ぶのがおすすめです。

再婚におすすめな結婚相談所カテゴリの最新記事