バツイチ30代が再婚相手に選んではいけない人の特徴

バツイチ30代が再婚相手に選んではいけない人の特徴

バツイチになっても出会いが比較的多く、恋愛する相手や再婚相手を見つけやすいとも言える30代。

再婚相手は20代ということもあるかもしれません。それだけに、若い頃と同じような失敗をしてしまう可能性も。

ここではバツイチ30代の方が幸せな再婚をするために「再婚相手に選んではいけない人の特徴」についてまとめました。

30代バツイチ女性が再婚相手に選んではいけない男性の特徴

まずは30代バツイチの女性が再婚相手に選んではいけない男性の特徴から見ていきます。

特徴1.転職を繰り返している、定職に就かない

30代バツイチ男性

明確な目標もないのに転職を繰り返してる男性や、定職に就かない男性と結婚すると、経済的に苦労する危険性があります。

ただし、エンジニアや営業職、福祉関係の仕事など職種へのこだわりやスキルを持っていて何度か転職しているという場合はOK。

でも、全く違う職種を渡り歩いているというような「自分探し中」の男性は再婚相手としてふさわしくありません。

仕事のブランクが多い男性も経済的に依存される恐れもあるので避けるようにしましょう。

転職を繰り返している男性の中には性格的に難がある人もいます。筆者のバツイチの友人はなかなか定職に就こうとしない35歳の男性と付き合っていました。

珍しく3年ほど仕事が続いたので彼との再婚も視野に入れていたところ、突然、上司と大喧嘩をしてクビになってしまったのだそう……。

話を聞いてみると、相手をリスペクトできない上から目線の彼の態度が問題で解雇されたととのこと。日頃から周りの人をバカにした態度をとることが多かった彼の態度に疑問を持っていた彼女はすぐに彼に別れを切り出しました。

その後、彼は以前勤めていたアルバイト先に戻ったそう。彼女は「別れるのはつらかったけど、再婚なんて考えなくて本当によかった」と言っています。

特徴2.収入が少なすぎる

定職についていたとしても残念ながら収入が好きなすぎる場合も再婚相手としては不向きです。
一度結婚に失敗しているのに、再婚してまでわざわざ生活費に苦労をするような相手を選ぶ必要はありません。

真剣にあなたとの再婚を考えているようであれば、収入アップを目指して転職を考えることもできるはず。それができないorしない男性との再婚は諦めましょう。

厳しいようですが、30代バツイチの再婚は20代のときの結婚とは違うのです。

もちろん、女性側に収入があり、「もしも彼がダメだっても、私が養ってあげるわ!」という気持ちでいられるなら話は別です。けれど共働き世帯が増えている現代、そう思える人がどれくらいいるのでしょうか?男性も女性も同じことですが、なるべく安定して、生活ができる収入がある方が、結婚後のトラブルに発展しにくいです。

特徴3.酒癖が悪い、ギャンブル・借金、浪費癖がある

言うまでもありませんが、酒癖が悪い人や借金のある人や浪費癖のある人も再婚には不向きです。

初婚の場合こうした欠点に気づかずに結婚してしまうということがあります。結婚してから、借金があることが分かったというケースもよく聞く話ですよね……。

再婚を考えたら、相手にこうした悪癖や借金がないかどうか、必ず確認するようにしてください。

特徴4.女友達が多い

女友達が多く、あなたと付き合いをしているにもかかわらず頻繁に連絡を取り合っているよう男性は浮気する確率が高いです。

「ただの友達」というかもしれませんが、交際相手がいる男性に対して頻繁に連絡してくるような女性がいる場合、交際相手がいるということを知らない可能性も否定できません。

何より彼女の気持ちを考えず、他の女性と頻繁に連絡取りあって平気な顔をしているような男性は女性を大切できない人であると言えるでしょう。

私も夫もお互いに異性の友達が多いのですが、結婚しているので相手には気を遣っています。たとえば私の男友達も主人と仲良く遊べるとか、主人の女友達も私と一緒に遊べるとか……。そういう配慮は欠かせません。

また、当然のことですが、交際中に一度でも浮気が発覚したら、その男性との再婚はきっぱりと諦めるようにしてください。

30代バツイチ男性が再婚相手に選んではいけない女性の特徴

30代のバツイチ男性の場合、20代の初婚の女性と結婚するということもあるでしょう。 若い初婚の奥さんと再婚して喜んだのもつかの間、「こんなはずじゃなかった」と後悔するハメにならないよう、しっかり相手を見極めてください。

特徴1.家事をしようとしない女性

相手の年齢や初婚かバツイチかと言った条件を問わず、家事をしようとしない女性との結婚はなかなかうまくいきません。男女平等の世の中ですから、必ずしも女性が家事をしなければならない!という考え方は時代遅れですが、うまい・下手に関わらず、お互いがやろうとする姿勢は重要。

もちろん、男性側もです。「家事は女がやるものだ!」と決めつける男性も、女性ウケが悪いですよね……。お互いがお互いを思いやって、どういう役割を担うのか、しっかり話あって、実現できる関係性がベスト!

特徴2.再婚だけが目的になっている女性

相手がバツイチである場合、彼女が再婚だけを目的にして婚活に励んでいる女性でないか見極めるようにしてください。

収入や社会的地位、あなたとの両親の関係など条件だけで男性を選ぶようなタイプは愛情に欠ける女性であるかもしれません。

また、経済的に依存する相手を探しているだけの場合も考えられます。見極め方が難しいのですが…婚活パーティーやイベントで出会った人のことを延々と話すような女性はパスした方がいいでしょう。

特徴3.わがままな女性、幼稚な女性

再婚

言うまでもありませんが自分のことしか考えられないような幼い女性は、再婚相手として不向きです。一度、結婚に失敗している男性なら、心を許せる包容力のある女性の方がうまくいくでしょう。

ケンカするとすぐに感情的になったり、ムスッと黙り込んでしまうような子どもっぽい女性もあなたを疲れさせる可能性が大。男性には甘えられるもの、自分を守ってもらえるものと当然のように考えている女性は避けた方がいいでしょう。

まとめ.結婚を失敗した理由を考え、同じ過ちを繰り返さないように

男性、女性を問わず、再婚相手を選ぶ時に気をつけたいのが、 離婚した相手と同じようなタイプを選ばないようにするということ。

そんなの当たり前、絶対選ぶわけない!と思うかもしれませんが、特に離婚原因が自分にないと考えている人や「まだまだ出会いがある!」と考えがちな30代バツイチの方のなかには、知らず知らずのうちに離婚した相手と同じようなタイプを選んでしまうことがあるようです。

たとえば「依存しすぎて相手を追い詰めたことで浮気をされてしまった」人が、同じように自分を甘やかしてくれるような人と再婚したら、また相手は息苦しく感じるようになってモラハラや浮気をするかもしれません。

一方、「家庭を顧みず、仕事に没頭しすぎてしまった」男性が専業主婦を希望する女性と再婚すれば、以前と同じように相手に家庭のトラブルや育児を丸投げしてしまい相手に寂しい思いをさせる可能性があります。

人の趣味嗜好って、なかなか変わらないもので……好きなタイプ=離婚した妻・夫に近いというケースもあるんです。もちろん、タイプが似ていても、離婚原因としっかり向き合えていれば「元夫に似ているけれど、離婚原因になった◎◎さはない!」と分別できますよね。

結婚は一人でするものではありません。「再婚をしたことによって、あなたがどのように変化する可能性があるか」という点まで考える必要があります。

再婚を考えた時は相手の条件だけではなく、離婚の原因をしっかりと受け止め、同じ失敗を繰り返さずに済む相手であるか、見極めることも大切。あなたの欠点を引き出してしまうような相手を選ばないように注意してくださいね!

30代の再婚カテゴリの最新記事