40代バツイチ男性が再婚で幸せになる方法とは?

40代バツイチ男性が再婚で幸せになる方法とは?

40代バツイチの男性は、果たして再婚できるのでしょうか?
今回は再婚率から再婚できる確率を探り、婚活におけるコツを紹介していきます。

今お付き合いしている彼女がいるけれど、再婚に結びつかない男性も、いい女性がいれば再婚したいと考えている男性も、この記事を読んで、幸せな再婚を目指しませんか?

ずばり!40代のバツイチ男性って再婚できるの?

結婚相談所で再婚

40代男性が離婚から5年以内に再婚できる確率は20.8パーセントとなっています。(厚生労働省2015年統計)

この中には、5年以上かけて再婚にこぎつけた人や再婚する意思がない人の数字は含まれていませんが、参考にはなるでしょう。

ちなみに、同じ年に取った40代男性の婚姻率は66.7パーセントなので、それに比べると低めです。

とはいえ、10人中2人は再婚をしている計算になるので、決して不可能ではありません。しっかり婚活をしていれば、40代バツイチ男性でも再婚できるでしょう。

また、離婚歴がある方の男女別再婚率をみてみると、女性よりも男性の方が再婚しやすい傾向にあります。お子さんがいる場合、親権を取るのは母親が多いので、こういった背景も影響しているのでしょう。

参考記事:30代男性の再婚率は?数字で知るバツイチ婚活調査

バツイチ男性が結婚対象になる女性ってどのくらいいるの?

バツイチだからといって、即結婚対象から外れるわけではありません。各種統計を見るに、5〜6割の女性はバツイチ男性でも結婚対象としています。

世間では「バツイチ」というとそれだけで遠ざけられるイメージがありますが、実際はそうでもないことを知っておきましょう。

また年齢を重ねれば重ねるほど、離婚歴の有無にこだわらない女性が増えてきます。

たとえば20代女性の場合「結婚するなら初婚がいい!」という声も多いのですが、30代・40代になると、離婚歴へ強いこだわりを見せる人は男女ともに少なくなりますよね。

大切なのは、初婚であろうと、離婚経験者であろうと、相手を思いやる気持ちです。離婚を経験しているからこそ、自分の欠点がわかっていたり、結婚生活に幻想を抱いていなかったりするので、「逆にバツイチさんでも全然OK!」という女性もいるくらい。離婚歴に罪悪感を抱かず、愛する人の立場になって考えることができれば、誰だって幸せを掴むことができますよね!

結婚相談所・婚活パーティー・社会人サークルのメリットとデメリット

しかし、40代になると出会いの数も減少するもの。「そもそも出会いすらない!」というバツイチさんもいらっしゃるでしょう。

そんなバツイチさんにおすすめしたいのが『出会いの場』。

周りの人の紹介で会う意外にも、結婚相談所や婚活パーティー、社会人サークルでの出会いもあります。

それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

結婚相談所で出会いを求めるメリット・デメリットとは?

最近では結婚相談所で再婚を目指すバツイチさんも増えてきました。結婚相談所によっては、バツイチ・再婚希望者さん向けのプランを設けているところもあります。

参考記事:バツイチ婚活で幸せな再婚を目指すなら、結婚相談所がおすすめな3つの理由

結婚相談所を利用するメリット

・ほとんどの結婚相談所では身分証明書や収入証明書の提出を義務づけているので、安心して婚活できる
・性格診断テストなども用いて、効率的な婚活ができる

結婚相談所を利用するデメリット

・データベースを元に、自分に合う人をランダムに検索されるため、40代バツイチというだけで出会いが少なくなる(ただし40代向けの結婚相談所を選ぶことで、回避可能)
・入会料と月会費、成婚料などがあるので、1年間の活動で15〜40万円はかかる

婚活パーティーで出会いを求めるメリット・デメリットとは?

婚活パーティーは、結婚相談所より気軽に婚活ができて、一度のパーティで何人もの異性と出会えます。

最近ではバツイチさんだけが参加できる婚活パーティーも増えていますよ!

参考記事:再婚を目指すバツイチさんにおすすめな婚活パーティーとは?注意するポイントも徹底解説!

婚活パーティーを利用するメリット

・上手く活用すれば数千円で結婚相手と出会える
・一度に多くの人と知り合えるので、1人と気が合わなくなっても、次の出会いを探せる

婚活パーティーを利用するデメリット

・既婚者が遊び目的で混ざっていることがある
・すべての参加者がバツイチさんOKとは限らない

社会人サークルで出会いを求めるメリット・デメリットとは?

「そもそも婚活自体、抵抗がある……」という方におすすめしたいのが、社会人サークルです。趣味やイベントなど、様々な企画を楽しみながら、出会いを求めることができます。

社会人サークルを利用するメリット

・参加するときにお金を支払うだけなので、仕事が忙しくて長期間婚活時間を確保できない人にもおすすめ
・結婚相談所や、婚活パーティーに比べると多種多彩なイベントがあるので、楽しみながら婚活できる

社会人サークルを利用するデメリット

・遊び目的の人や、マルチ商法、ナンパ目的の人に出会うことも
・すべての人が結婚を求めているとは限らない

お金はあるけれども時間はなく、子供がいるなどで質の高い出会いを期待するなら結婚相談所を、お金はないけれども時間があるなら、婚活パーティーや社会人サークルの活用がおすすめです。

40代のバツイチ男性が出会いの場で再婚を掴む秘訣

さいごに、40代バツイチ男性が出会いの場で再婚を掴む秘訣についてまとめてみました。

秘訣1.バツイチであることは正直に話す

バツイチがコンプレックスになっていたり、相手に嫌われることが怖いことからバツイチのことをいつ話そうか迷っている人も多いかと思います。しかしある程度関係ができあがった後にバツイチであることをカミングアウトすると、「裏切られた」と相手に思われてしまうので、あまりおすすめではありません。

最初の出会いで言う必要はありませんが、1,2回目のデートで言いましょう。

秘訣2.再婚のマイナスポイント正直に話し、軽減する

40代男性でバツイチの人の中には養育費を払っている人もいるかと思いますが、その場合養育費の負担が自分に及ぶかを女性は気にしています。変にマイナスポイントを隠すのではなく、正直に話してなおかつ軽減する方向に持っていきましょう。

またバツイチの場合、相手は離婚した理由を気にします。聞かれたときに理由をきっちり話せるようにしましょう。このときに「離婚した自分を反省していない」と自覚できた場合、離婚した理由が相手だけではなく自分にもあることを受け入れられてから婚活をしたほうが、同じ過ちを犯さずに済みます。

秘訣3.仕事に夢中で婚活をしてこなかった女性にターゲットを絞る

40代バツイチ男性の場合、30代後半〜40代の女性がおおよそ同年代となります。この年代の未婚率は23.38パーセント(2015年厚生労働省調査)で、全く多くありません。

この年代でも結婚していない女性は、結婚に不向きな性格だからしていない…ということもあり得ますが、「これまで仕事をバリバリやってきて、婚活する気にならなくて、焦っている」という女性も多いです。

今まで仕事一筋だった女性は、自立した考えを持っていて、決して全員が全員結婚不適合なわけではありません。また仕事一筋なだけあってある程度の社会的地位や収入があることも多く、経済面でも安心です。

「一度は結婚できたし、若い人と結婚できるでしょ」という考えを持っている40代バツイチ男性も多いですが、そういった考えを持っていても、なかなか結婚にこぎつけられません。

若い人は若い人で同年代〜プラス5才の人と結婚したいと思いますし、今の時代だと女性をトロフィーのように扱う「トロフィーワイフ」にされるのがイヤで、年上男性を避けることもあります。
また子供がいる場合、学校で若い親と比べられたり、親の介護と子育てがかぶることもあるので、あまりおすすめではありません。

40代バツイチ男性が再婚をするなら、ターゲットはこれまで仕事をバリバリこなしてきたけれど、時間がなくて婚活できなかった女性に絞りましょう。

秘訣4.子供が欲しいなら子持ち女性も視野にいれて

お子連れ再婚

40代になって結婚し、それから子供を持つ場合、子供が成人する頃には60代になってしまい、老後や子供の将来のことを考えると、あまりいい選択肢ではありません。もし子供が欲しいなら、子持ち女性と結婚し、養子として迎え入れることで子供を作りましょう。

秘訣5.条件をちゃんと確認する

結婚までいきそうなら、経済的負担はあるか、子供は欲しいかなどといった点をお互いにすりあわせる。それを確認しないでいきなり結婚すると、相手はいきなり想定外のことが襲ってくるので、スピード離婚に至ることも

まとめ.40代バツイチ男性でも再婚は可能!自分に合った婚活で幸せになろう

40代バツイチ男性の再婚率は20パーセント前後と、あまり高くありません。そのため婚活は決して簡単ではありませんが、しっかり取り組むことで、再婚にこぎつけられます。自分に合った方法で、幸せを掴みましょう。

40代の再婚カテゴリの最新記事