【バツイチ再婚】相手が『初婚』だったら、結婚する前にやっておくべき5つのこと

【バツイチ再婚】相手が『初婚』だったら、結婚する前にやっておくべき5つのこと

再婚の形が多様化している今。
バツイチ同士で再婚というケースもあれば、相手は初婚というケースも少なくありません。バツイチと初婚では結婚に対して抱いているイメージが異なります。

そこでこの記事ではバツイチ再婚相手が初婚だったときにやっておくべきことをまとめて紹介していきます。

初婚の相手と再婚するとき、結婚する前にやっておくべき5つのこと

結婚相談所で再婚

「今度こそ、幸せな家庭を築きたい!」と思ったら、どんな点に注意すべきなのでしょうか?

自分は再婚でも、相手にとって結婚は初めてなのですから、バツイチのあなたが率先して相手の不安を取り除き、リードしてあげるのが幸せへの秘訣。あなたから相手の希望を汲み取ってあげる必要があるということを理解しておきましょう。

その1.離婚原因を共有・説明する

バツイチの人とお付き合いしている人から「相手に離婚の理由を聞けない」という声が挙がることがあります。

お互いバツイチであればまだしも、相手が初婚である場合、あなたが離婚に至った理由を問いただすのに抵抗があると考える人もいるのです。

相手の不安を払拭するためにも、再婚を意識し始めた段階で離婚の原因を簡潔に説明しておく必要があります。

自分に落ち度があって離婚した場合でも、正直に話して「同じ失敗は絶対に繰り返さない」と相手に伝えましょう。

あなたに原因があった場合、相手にショックを与える可能性もありますが、事実を隠したままで再婚すると、相手は疑念を持ち続けることになります。

離婚原因を聞かれていなくても、自分から相手に伝えて、どうすれば同じ過ちを繰り返さないのか、しっかり話あっておきましょう!

その2.結婚式や旅行など、相手の希望を確認する

バツイチ再婚

「再婚だから結婚式なんてやらなくていいや」とあなたは思っていても、相手は初婚です。

子供の頃から抱いている結婚に対する夢も憧れもあるでしょう。それを頭ごなしに否定すると結婚後まで不満を引きずってしまう可能性があります。

あなたが初婚の時のように大々的に結婚式を挙げることができなくても、相手の親族や友人にお披露目する機会を設けたり、フォトウェディングを行うなどして、相手の夢を実現させてあげてください。全ての希望を飲むことができなくても、相手の希望に耳を傾ける姿勢が重要です。

「私は初婚、夫はバツイチで授かり婚をしました。前妻はとてもきれいな人で仕事もバリバリしているキャリアウーマン。子どもができなかったのが離婚の理由と聞きましたが、私とは授かり婚だったせいか結婚式も新婚旅行もなし。結婚指輪すら買ってもらえていません。自分は再婚だから、というのが口癖の彼。子どもを可愛がってくれてはいますが、愛されている実感がもてません。」 (32歳女性)

これは、バツイチ男性と結婚した32歳女性の体験談です。

実際に筆者の周りにはバツイチの方と結婚した友人から「結婚式を挙げるとなると参列者に気を遣うけれど…ささやかでもいいから何かしたい!!」という悩みを打ち明けられたことがあります。

自分は2回目であっても、あなたとお相手が結婚するのは『はじめて』であり、人生の中で二度とない瞬間であることを心に止めておきましょう!

その3.子どもの育て方について話し合っておく

あなたに連れ子がいる場合、最低でも以下の3つのポイントを話あっておく必要があります。

・本当の親になったつもりで一緒に子育てをしてくれるかどうか
・再婚相手と子どもが養子縁組をするかどうか
・2人の間に子どもが生まれたときも連れ子に変わりなく接してくれるかどうか

相手が初婚ということは、いきなり親になるということ。あなたが相手を支えながら子育てをしていく必要があります。

特にあなたが男性で連れ子がいるという場合、相手の女性に子育てを丸投げするようなことがあってはいけません。

また、自分が引き取っていない子どもがいる場合、どんな関係であるかということは説明しておきましょう。

養育費を負担している、何カ月かに1回面会しているなど結婚前に説明しておくことで相手は安心するはずです。

前妻との間に子供がいる場合、相続についても話をしておく

バツイチの男性が初婚の女性と再婚する場合、財産の相続についても話をしておく必要があります。

前妻との間に子供がいる場合、当然、前妻との子どもも相続権を持っています。

再婚相手に配慮した相続をしたいなら、万が一のときのときのために遺言書を残しておくのが最善策と言えるでしょう。

「まだまだ財産のことを考えるなんて早い!」と思ってしまうかもしれませんが、相続の問題が浮き彫りになるときは、本人がなくなったときですから。その時点ではもう手遅れなのです。再婚相手・前妻との子どもが争いを起こさないためにも、再婚前にしっかり考えておきましょう!

その4.相手の親に直接、結婚の意思を伝える

初婚の相手と再婚する場合、確実にクリアしておきたいのが相手の両親に対する挨拶です。

自分の娘や息子が初婚なのに、相手が再婚となると心配して色々と勘ぐってしまうのが親心。まずは相手の口から結婚する相手が再婚だということを両親に伝えておいてもらい、その上で直接、会って結婚の意思を伝えるようにしましょう。

その際、 離婚の原因を簡潔に伝え、再婚したらどんな家庭を築きたいか、相手をどのように支え守っていくつもりかという点も伝えましょう。

離婚原因はあまり詳しく説明する必要はありません。元夫や元妻の悪口を延々と語ると『自分に責任がまったくないと思っているのでは?』とかえって心象を悪くしてしまうので注意してください。

その5.自分の問題点を振り返っておく

再婚する前に自分が結婚に失敗した理由をもう一度、振り返っておきましょう。一生添い遂げるつもりで選んだ相手と離婚をしているのですから、パートナーの浮気や暴力、借金などが原因だった場合を除き、あなたにも責任の一端があると考えるのが自然です。

「仕事ばかりに没頭して相手を顧みなかった」「経済的にも精神的にも頼ってばかりで相手の支えになっていなかった」「家事や育児の分担をまったくしなかった」なども十分に離婚の理由になり得ます。

離婚の経験があるということは、少なくともあなたは結婚生活を脅かす原因がどんなものであるかわかっているはず。同じ失敗を繰り返さないためにも、自分の問題点をもう一度振り返っておきましょう。

まとめ

再婚相手が初婚だったときに、してくおくべき5つのポイントをまとめてみました。バツイチの人が初婚の相手と再婚する場合、これらのポイントの他にも心がけておくべきことがあります。それは「相手を不安にさせないようにする」ことです。

バツイチの人と初婚で結婚した人の多くは「前のパートナーへの嫉妬や不安」に悩まされていると言います。結婚の準備をしているときに「自分は初めてだけど、相手は2度めなんだな」と考える人もいますし、バツイチ男性の持ち家に住むことになって、前妻の存在を意識してしまうという女性もいます。

こんなときにあなたが前のパートナーと再婚相手を比べるような発言をしたり、昔の結婚指輪や前妻がおいていったものなどが出てきたりすると、再婚相手はさらに不安を感じてしまいます。今度こそ幸せな結婚生活を末長く続けるためにも、相手を不安にさせるような言動は慎み、細かいことでも話し合いをするようにしましょう。

バツイチ&初婚カップルはどうしても初婚の方が知らずのうちに我慢を強いられがち。自分は2度目だから気にならないという点も相手はどう感じているか、常に考えながら接していくことが幸せな結婚生活を送る秘訣と言えるでしょう。

バツイチ婚活と恋愛事情カテゴリの最新記事