【実録】バツイチ女性が再婚・恋愛をしたいと思った理由やタイミングは?

【実録】バツイチ女性が再婚・恋愛をしたいと思った理由やタイミングは?

離婚した当初は「もう結婚したくない!」「二度とあんな思いをしたくない」「こんなに辛いなら、一生独身でいいかも……」と思っても、時が経ち、離婚の傷が癒えてきたころ「再婚してもいいかも……!」と再婚に向け新しいスタートを踏み出す女性もいらっしゃいます。

この記事では、バツイチ女性が再婚したいと思った理由。そして、もう一度結婚してもいいかなと思えたタイミングについて、5人の女性の体験談を紹介したいと思います。

バツイチ女性が再婚・恋愛をしたい!と思えた理由やタイミング

離婚した理由や環境も異なる5名のバツイチ女性に体験談を伺いました。どんなタイミングで新しい恋をしたいと思えたのでしょうか?

体験談1.離婚から3年経ったとき、いい出会いがあった。

夫と妊活を頑張っていたのですが、それから夫婦のすれ違いが増え、離婚しました。離婚当初は恋愛すらする気になりませんでしたし、周りにも「もう彼氏も作らない!」と宣言。しかし、離婚から3年経ったとき、たまたま参加したBBQでいいなぁと思える男性と出会ったんです。そのとき、「また恋愛したいかも……」と思えました。めでたく彼とお付き合いでき、今は再婚に向けて同棲中です。【38歳女性】

体験談2.子育てがひと段落した頃、恋愛をしたい!と思えました。

子供が2歳のとき、夫と離婚。それから、子供と2人で生活していました。今まで何もなかったというわけではありませんが、気になる男性ができても、子供のこともあり、本気で恋愛をしたことはありませんでした。けれど、子供が高校を卒業した頃「そろそろ第二の人生を楽しむのもアリ?」と思えたんです。子供が18歳を迎えた頃、同級生の友達も結婚したりしていたんですよね。22歳のときの子ですから、当時40歳。まだまだこれからだ!!と思い、今は飲み会にも率先して参加しています(笑)まだいい人には出会えていませんが(笑)【43歳女性】

体験談3.再婚は考えていなかったけれど、子供と彼がいい関係だったから。

シングルマザーとして子育てをしていました。離婚して5年。息子が10歳のとき、パートナーができましたが、彼には「結婚する気はない」と伝えて交際していました。土日は彼と子供と私で出かけたり、家族のように過ごしていました。2年くらいお付き合いをしたとき、息子が「◎◎くんと結婚しないの?」と聞いてきたんです。そのとき、再婚してもいいのかもと思えました。子供のために再婚した……わけではありませんが、子供が彼のことを認めてくれたから、再婚を決意できたっていう感じですね。【38歳女性】

体験談4.「このまま一人だと、老後が不安……」そんな気持ちが湧いてきたとき

元夫はかなり亭主関白でした。20年間、結婚生活をしていたのですが、ひとりで遊びにいくこともなければ、パートすら許してもらえなくて……。DVが決定的な原因となり、離婚したのが今から10年前。離婚後は仕事をする楽しさ、友達と好きなときに遊びにいける楽しさを満喫していました。けれど、ある日、健康診断に引っかかったんです。幸いなことに、すぐに改善できる体調不良でしたが。そのとき、もし60代・70代・80代になったとき、ひとりだったら……と考えると不安になったんです。「50代なんだから、もう恋愛はいいわ」と思っていましたが、今はバツイチの彼氏ができました。彼も風邪を引いたときなどに「パートナーがほしいな」と思ったそうです。【57歳女性】

体験談5.他人の目を気にせず、自分らしく生きようと決意したとき

夫の浮気が原因で離婚しました。離婚当時、私は32歳。5歳と2歳の子供を一人で育てていました。気持ちの整理がつかず、仕事と育児に終われる生活で、恋愛なんて考えられませんでしたし、自分の中で「一度失敗しているんだから……」なんて気持ちもあったんです。でも、離婚してから5年。ある程度子供が大きくなったとき、シンママ友達が再婚したんです。最初は「子供はどう思っているんだろう……」ってネガティブな印象を抱きましたが、彼女とその子の笑顔を見ると、もしかすると私は他人の目を気にしすぎなのかも!?と思えたんです。自分らしく生きようと思って、今では「絶対恋愛をしない!!」とか思わなくなりました。いい人がいれば、いい関係を築きたいですね【37歳女性】

 離婚後、女性が新しい恋愛を始めようと思えるタイミングは?

離婚直後は寂しさ・悲しさ・怒りで心身ともに疲れきっているので「とてもじゃないけれど新しい恋や結婚は考えられない!!」という女性が多いと思います。

しかし、つらく悲しい経験をしたあと、少しずつ回復してきて、気持ちの整理がつくと、心にも余裕が生まれるもの。このタイミングで新しい恋愛・再婚をしたいと考えられるのです。

しかし、新しい恋愛に踏み出せるタイミングも、離婚原因と同じように個人差があります。離婚して半年で恋愛したいと思える人もいれば、5年・10年経っても、なかなかそういう気分になれない人もいるでしょう。

もちろん、愛するパートナーと生きることが幸せとは限りませんので、恋愛に対して無頓着であること自体が問題ではありません。しかし、世間の『こうあるべき』意見を鵜呑みにして、自分の本音をうやむやにしてはいけないのです。

  • もう若くないから、恋愛をするのは恥ずかしい……。
  • シングルマザーだから、彼氏を作ってはいけない
  • バツイチだから、誰も相手にしてくれない
  • 両親や知人に彼氏を作るなと言われている

このように、自分の素直な気持ちに蓋をして、新しい恋愛に踏み出せないのは、とても勿体無いです。

たしかに、離婚歴に対して、悪いイメージをもっている人もいるかもしれませんが、その人はあなたの人生を彩ってくれる相手ではありません。離婚という悲しい過去を乗り越えて、新しい恋愛を踏み出す権利は誰にだってあるのですから。

まとめ

離婚直後のメンタル面や、立ち直るスピードは人それぞれ異なります。

だから、まだ恋愛する気になれなくても大丈夫。ゆっくり気持ちを整理して、落ち着いた日常を取り戻したときや、ご縁があったときに、また恋をしたいと思えるはずです。

「こうあるべき」や「こうでないとダメ」といった心のリミットを解除して、前向きになると、素敵な恋愛ができますよ。離婚で学んだ教訓を生かして、素晴らしいパートナーと出会えますように。

 

バツイチ婚活と恋愛事情カテゴリの最新記事