バツイチ男性の離婚原因ランキング!データから知る破局原因TOP10

バツイチ男性の離婚原因ランキング!データから知る破局原因TOP10

一生を誓い合った夫婦が離婚を決めるにはどんな理由があるのでしょうか?
ここではバツイチになった男性のデータをもとに、男性からの申し立てによって破局に至った原因をランキング形式で紹介していきます。

※女性が離婚した原因については、過去の記事でピックアップしています。

参考:バツイチ女性の離婚原因ランキング!データから知る破局原因TOP10

家庭裁判所のデータから見るバツイチ男性の離婚理由ランキング

このランキングは「平成27年度に家庭裁判所に申し立てのあった離婚の原因で男性が申立人であったケース」のデータを参考にしています。

なお、このデータは申立人が離婚の原因として挙げた理由を3つまでカウントしているため、原因がひとつだけとは限りません。「性格が合わないし、浪費癖があるし家事もしない」というように、いくつかの理由が重なっているケースがほとんどと考えていいでしょう。

離婚原因1位.性格が合わない

性格の不一致は男女ともに離婚の申し立て理由の第一位です。

これはいわゆる価値観の不一致も含まれると考えられます。相手の好きなものや嫌いなもの、趣味などをどうしても受け入れられないというケースも十分に離婚の原因となります。

「独身の頃から大切にしていたコレクションを自分がいない間に黙って捨てられました。日頃から『こんなもの早く捨ててよ』と言われていたのですが、妻には迷惑をかけていないし捨てる必要はないと思っていました。先日、出張から帰ったところ、コレクションがすべて処分されていて、顔面蒼白に。相手を思うままにコントロールしないと気が済まないという妻の性格に耐えきれなくなり離婚を決意しました」35歳男性

性格の不一致は性格だけの問題ではありません。

結婚生活を行っていくうえで、摩擦が生じたり、妊娠・子育てなど家族のカタチが変わっていく中で、価値観がズレていったり。また、他の要因(金銭感覚や義実家との付き合い)も合わさって、離婚を考えるようになったという方も多くいらっしゃいます。

離婚原因2位:精神的虐待

妻からの精神的虐待とは、日頃から暴言を吐いたりするほかに、頻繁に電話してくる、携帯をチェックするといった束縛行為も含まれます。モラハラというと夫ばかりが話題に上りがちですが、実は一定数モラハラをする妻もいるのです。

確かに男性に比べ、女性は感情的にものを言うことがあります。きつい物言いや暴言を日常的に受けて精神的に参ってしまうのでしょうか。

「離婚の理由はいくつかありますが、一番大きいのは何をやってもダメ出しをされることでした。『あなたってホントにダメね』『だから言ったじゃない』と何をしても言われ、人格を否定されたような気分に。 妻のためを思ってしたことも、まったく感謝されずへこむ日々でした。子供に自分の悪口を吹き込んでいたことが分かったときも悔しかったですね」34歳男性

離婚原因3位:家族親族と折り合いが悪い

自分の両親や兄弟姉妹と仲が悪い、または妻の両親や家族と自分が仲が悪いといったケースです。結婚した当時はそれほど気にならなくても、両親が年を取って同居するようになったら相手の嫌なところが目につきはじめたというケースも。特に男性が長男だったり一人っ子だったりすると問題になることが多い傾向にあります。

家族・親族との問題と聞くと、嫁姑問題が真っ先に思い浮かぶと思いますが、義母や義父が過保護で夫婦間に貫入しすぎることが原因となり、不仲を招くことも珍しくありません。

離婚原因4位:異性関係

「夫の浮気が離婚の原因」というイメージを持つ方も多いと思いますが、実際には妻の浮気も増えているようです。
ちなみに女性が申立人となった場合、「夫の異性関係」は離婚理由の5位にランクインしています。

このデータからもわかるように、妻より夫の方が、妻の異性関係に不満を抱いている男性が増えています。浮気は男がするもの……とは限らないのです。

「妻から突然離婚を切り出され、怪しいと思って携帯をチェックしたところ浮気をしていることがわかりました。性格の不一致を離婚の理由として子どもの親権をとるつもりでいたようです。浮気をされて、子供も奪われ、さらに養育費だけを支払わされるところでした。 相手が唐突に『性格の不一致』を理由に離婚を迫ってきたらまずは浮気を疑ってみる必要があると思います」29歳男性

離婚原因5位:性的不調和

妻がセックスを拒む、あるいは妻を女性として見られないといったセックスレス夫婦も離婚に至る確率が多くなっています。

女性にしてみれば「子育てで疲れているから」「子供が小さいのにそんな気分になれない」という言い分があるのかもしれませんが、セックスを拒んでいるうちに夫から女性として見られなくなってしまうというケースも少なくないのです。

また、性的価値観が合わないという夫婦も珍しくはありません。

「子供を産んでから妻にセックスを拒否されるようになりました。まだ30代なのにセックスレスになるなんて、男として耐えられません。浮気をしてしまったのは自分に理由がありますが、セックスを拒否されるというのも辛いものですよ」32歳男性

離婚原因6位.浪費や金銭感覚の不一致

生活費や貯金する額を決めて、残ったお金でやりくりをするというのが家庭を築く上で大切なルール。

しかし、妻が不要なものを購入しすぎる、ブランドものなどを購入してもムダ使いしてしまう、貯金できない……といった理由も離婚のきっかけになることが……。

また、妻が浪費していなくても、夫の給料を管理しすぎていたり、お小遣いを渡してくれなかったりすることも、不満を抱く原因となるでしょう。

「ボーナスは無駄遣いしてもいいものと思っているのか、入ったお金のほとんどを浪費してしまう元妻。専業主婦でそれほど出かける予定もないのにブランドものを欲しがる上にまったく貯金していないことが分かったとき、あきれ果てました。ボーナスが入った翌日に残高がほぼゼロになっていたとき、離婚を決めました。家計は全て任せていたのが間違いでしたね」29歳 男性

離婚原因7位:同居に応じない

ゆくゆくは両親と同居するつもりで納得していたはずの妻が同居を拒否するという理由で離婚に至る例です。

同居に応じないということはもともと義理の両親と折り合いがよくなかったと考えられます。男性が長男であったり一人っ子であったりした場合、 妻が同居に応じないことが離婚の決定打になることも。

逆に夫が妻から妻の両親との同居を迫られ、納得出来なかったというケースもあるでしょう。

「1歳年下の妻とは子供がおらず、2人で生活してきました。妻は専業主婦でしたが、子供がいないぶん自分たちの趣味や二人での生活にお金をかけてきたつもりです。数年前、車で1時間くらいのところに住んでいた自分の両親のマンションと自分たち夫婦が住んでいるマンションを売って同居、または近居を考えたいと話したところ、妻に『絶対にイヤ』と拒否されました。年老いてきた自分の両親と近居すらイヤと言われるとなんのために今まで働いてきたのだろうと考えてしまい、離婚を考えるようになりました」47歳男性

離婚原因8位:暴力(DV)

女性に対する暴力が世界的な問題になっている昨今ですが、妻から暴力を受けている男性もいます。

家の中を片付けない、使ったものを元通りにしないといった些細な理由で日常的に物を投げられたり、平手で殴られていたという人もいますが、「離婚が決まってから妻に『気が済まないから殴らせてくれ』と言われて殴られた」というケースや「離婚について話し合っていたところ、蹴られた」というように、離婚することになってから暴力を振るわれるケースも目立ちます。

離婚原因9位:家庭を捨てて顧みない

家庭を顧みないというケースは「妻がキャリアウーマンで仕事を優先しすぎる」という例と「妻が自分の趣味や友人付き合いに没頭して家事を放棄したり、浪費を繰り返す」という例に二分されます。 前者の場合、話し合いによって離婚を回避する余地がありますが、後者は難しいでしょう。

「結婚前からバリバリ仕事をしていた妻。当時は生き生きと働く彼女が魅力的に見えたのですが、掃除は最低限、洗濯は乾燥まで全自動、アイロンかけはクリーニングへ、料理はお惣菜オンリー、 一緒に食事ができるのは週末のどちらかのみ……。という生活を2年続けて、 果たして結婚生活を続ける意味があるのだろうかと考えるように。 妻は仕事の方が大事だったようで、円満に離婚することができました。離婚した今でも何のために結婚したのだろうと考えることがあります」30歳男性

離婚原因10位:病気

離婚原因

残念ながら妻の病気を理由に離婚するという例もあります。妻ががんのような大病を患うと「子どもはどうなるのか」「自分が会社を辞めて看病しなければならないのか」「自分の両親に介護が必要になったときどうなるのか」など、将来のことを悲観してパニックになってしまう男性も多いのです。

また、妻が精神的な病を長く患っていて、回復の見込みがなく自分が支えていける自信がなくなってしまったり、このままでは共倒れになってしまうのではないか?と考えるようになったりすることで、離婚を考える男性も。結婚の時に「健やかなる時も、病めるときも」と誓い合った愛も現実の過酷さには勝てないということでしょうか?もちろん、病気以外にも原因があったのでしょうが、病気が決定的な原因となる夫婦も少なくはないのです。

まとめ

男性が申立人となった離婚の原因を10位まであげてみました。意外な理由もあれば、「やっぱり」という理由もあったのではないでしょうか。

ちなみにこの年のデータでは、男性が申立人となっているケースは17,776件に対し、女性が申立人となっているケースは 47,907件。離婚を申し立てるのは圧倒的に女性が多くなっています。男性が離婚を切り出すのは、よほど考えてのことなのかもしれませんね。

バツイチ婚活と恋愛事情カテゴリの最新記事